ちびっ子兄弟と5月登山「飯盛山」 平沢山~山頂へ

c0369219_16145654.jpg

ちびっ子たちとの「野辺山高原」山歩きは、展望が開けた場所へとステージが変わります。

私たちは、「平沢山」を経た後に「飯盛山」の山頂へと向かう事になりました。






↑Data:Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/1.8 1/6400sec ISO100 (Click to enlarge)

2018年5月12日(土)

2歳4歳ちびっ子兄弟との「飯盛山」登山。

超スローペースの私たちは、出発から2時間26分経過(8:14)したところで、突然の大展望が広がる場所へと出てきました。









c0369219_16362315.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/10 1/160sec ISO100 (Click to enlarge)

それは、「平沢山」へのルートと巻き道との分岐点に当たる場所になります。

巻き道方向へと少し出た場所に立つなり、いきなりの大展望が迎えてくれたので、思わぬその光景には胸が高鳴る思いでした。









c0369219_16415648.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/10 1/200sec ISO100 (Click to enlarge)

左手の飯盛山から、富士山、南アルプスの山々がずらっと見渡せて、右手には八ヶ岳が顔を覗かせています。









c0369219_16470643.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/1.8 1/6400sec ISO100 (Click to enlarge)

お疲れ気味だったちびっ子たちも、この光景にはすっかりテンションが上がっていました。









c0369219_16490928.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/1.8 1/6400sec ISO100 (Click to enlarge)

しばらくここではしゃぎ回っていたちびっ子たちでしたが、気が付くといつの間にか野原の上で仲良く座り込んでいます。

そのまま、気持ちのいい大絶景を眺めながらの小休止としました。









c0369219_16534223.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II
 ■f/1.8 1/6400sec ISO100 (Click to enlarge)

こういう至福のまったりタイムは、まさに登山の醍醐味ですよね。


登山時間に大幅の余裕を持たせているからこその、贅沢な時間の使い方ではありますが、

この後、あまりにのんびり過ぎたペースに、少々残念な事も生じてきます。


しかし、この歩くペースがもっと速ければ・・・とは、私はあまり思ったりはしません。


やっぱり幼児連れの登山というのは、普通の登山とは楽しみ方が違うので、

安全かつ楽しければ、普通の人の何倍もの時間を掛けて山を歩いても、それはそれでいいんじゃないかな?と思っています。


大人登山と比べて、何倍もの制約と出来ない事が山のようにありますが、子連れ登山だからこそ得られる喜びもあります。


特に、幼い子ども頃の時というのは、こぼれるようにあっという間に過ぎ去ってしまうので、

二度とない今この瞬間を、出来る限り濃密に過ごしたい・・・


という願いがあるのも、私たちの超スローペース登山の原因になっているのかも知れませんが、

それに因る弊害は、あらかじめしっかり想定に入れて受け容れるしかないと思っているのです。









c0369219_17072785.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/1.8 1/2500sec ISO100 (Click to enlarge)

さて、小休止後の一頑張りをした8:45。

私たちは「平沢山」(標高1653m)へと到着しました。



そして、先ほど言及していた少々残念な事が、ここから生じてきます。

といっても、それほど大げさな事では無く、晴れ間を見せていたお天気から薄曇りに変わって来たという事です。


天候が深刻に崩れて来たという訳では無いので危険はありませんが、せっかくの山歩きなので、出来れば晴天であって欲しかったですねぇ。


大人の足ならば、もう往復して登山終了している頃なので、絶好のお天気の中を山歩き出来たのでしょうけど、

私たちの場合は2歳児の足に合わせての歩みなので、どうしようも無く、考えても仕方のない事です。


でも、こんな風にお天気に一喜一憂するというのも、登山ならではの醍醐味や楽しみの一つなのかも知れませんね。


おかげで、またいつかお日さまがキラキラする絶好の日和に、もう一度この山を歩いてみたいと思わせてもらいました。









c0369219_17201772.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/8 1/400sec ISO100 (Click to enlarge)

さてさて、「平沢山」の山頂へと話は戻ります。


この山頂からの展望は、先の休憩場所よりもさらに見晴らしが良く、

もう少しスカッと晴れていてくれたらなあ~という少々の残念感はありましたが、特に八ヶ岳の勇壮な姿には圧倒されるものがありました。











c0369219_20003053.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
 ■f/10 1/160sec ISO100 31mm (Click to enlarge)

まだ雪を被っている頂きが眩しい、堂々たる八ヶ岳連峰。









c0369219_20020199.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
 ■f/10 1/250sec ISO100 42mm (Click to enlarge)

そして、南西のかすみの向こうには、壁のような南アルプス連峰がそびえ立っています。









c0369219_20070413.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
 ■f/10 1/125sec ISO100 61mm (Click to enlarge)

さらに、遠くに見える富士山の方角には、より一層ハッキリと見えてきた「飯盛山」の姿がありました。









c0369219_20092430.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
 &Speedlite 580EX II
 ■f/2.8 1/1000sec ISO100 24mm (Click to enlarge)

「平沢山」の三角点で、記念の1枚も忘れずに。


せっかくなので、ここでもゆっくりして行きたいところではあるのですが・・・

これまでで、かなりの時間を掛け過ぎているので、さすがに先へと急ぐことにします。


一通り写真を撮り終えた後は、休む事なくこのまま先へと進む事にしました。









c0369219_21581312.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
 ■f/10 1/200sec ISO100 24mm (Click to enlarge)

ここであちこちの写真を撮っている間、まだかな~?と、すっかり準備万端で待っていたちびっ子たち。

やる気満々ですね(笑)









c0369219_22043314.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/8 1/400sec ISO100 (Click to enlarge)

8:55。さあ!ここから「平沢山」を下り、「飯盛山」へと続くルートを進んで行きます。









c0369219_22071275.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
 ■f/8 1/125sec ISO100 24mm (Click to enlarge)

さて、Akiはこんな余裕ポーズを取っていますが、「平沢山」からの下山道は思っていた以上に急峻でした。









c0369219_22100389.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
 &Speedlite 580EX II
 ■f/8 1/60sec ISO100 24mm (Click to enlarge)

こんな感じの小石がゴロゴロした下り道なので、大人ならちょっと急かな?と思う程度でしょうけど、

2歳児が自力で歩くのは非常に危険な道なのです。









c0369219_22153778.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/5.6 1/320sec ISO100 (Click to enlarge)

楽しそうなちびっ子たちの様子ですが、4歳のAkiはともかく、Fuhは私が手を繋がないと下りられません。








c0369219_22215599.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/9 1/320sec ISO100 (Click to enlarge)

しかし、そんな急峻な下山道を下りて行くに従って、確実に「飯盛山」は近くなってきています。









c0369219_22245383.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/1.8 1/3200sec ISO100 (Click to enlarge)

Akiは滑って転ばないように、慎重に一歩一歩踏みしめながら自力歩行。

無理だと感じたら素直に座って、お尻を使って下っていました。


幼いながらもよく工夫していて、それは見ていても危うさを感じなかったので、最初の頃と比べると大きな成長を感じます。

いつの間にか上手に歩けるようになったものだと、ちょっと感慨深く感じました。









c0369219_22315660.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/9 1/320sec ISO100 (Click to enlarge)

そして9:10。

ようやく「平沢山」からの急峻を下ると、登山道は一変して平坦な尾根道へと変わります。









c0369219_22374247.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/9 1/320sec ISO100 (Click to enlarge)

南西に広がる大展望を眺めながらの、実に気持ちのいい高原ハイクとなりました。









c0369219_22403296.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/9 1/160sec ISO100 (Click to enlarge)

歩きやすくて眺めも爽快。

ずっと平坦な道が続くので、一気に距離を詰めていきます。









c0369219_22451055.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/1.8 1/4000sec ISO100 (Click to enlarge)

それにしても、Fuhはこの拾った枝が随分気に入ったようですね(笑)









c0369219_22474098.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/1.8 1/3200sec ISO100 (Click to enlarge)

やがて、だんだん「飯盛山」が近くなってきたようです。









c0369219_22492072.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/2.8 1/2000sec ISO100 (Click to enlarge)

9:30。清里駅方面との分岐点に到着。









c0369219_22512926.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/2.8 1/1000sec ISO100 (Click to enlarge)

この分岐点からは、山頂は”すぐそこ”という事なので、ちびっ子たちは駆けるように進んで行きました。









c0369219_22543919.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/8 1/500sec ISO100 (Click to enlarge)

山頂前の広場も、あっという間に駆け抜けます。









c0369219_22562571.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/1.8 1/4000sec ISO100 (Click to enlarge)

残るは、この目の前の坂道を登り切ったら、ついに山頂となります。









c0369219_22581984.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/1.8 1/4000sec ISO100 (Click to enlarge)

最後の坂道は結構息が切れるのですが・・・









c0369219_23001730.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/1.8 1/6400sec ISO100 (Click to enlarge)

もう一息!というのが分かっているので、辛い坂道にもかかわらず、ちびっ子たちはこんな笑顔を見せていました。









c0369219_23041072.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/1.8 1/8000sec ISO100 (Click to enlarge)

そして、その瞬間がやって来ます。









c0369219_23053008.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &Speedlite 580EX II ■f/1.8 1/5000sec ISO100 (Click to enlarge)

9:43。「飯盛山」山頂(標高1643m)を、ついに、ちびっ子兄弟が制覇したのでした。


登山開始から3時間55分という、実に長丁場となりましたが、ちびっ子たちは自力でよく頑張りました。

そして、その努力の末に、2人とも達成感と共にこの山頂に立っている事が、何よりも嬉しく感じます。









c0369219_23192640.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/8 1/400sec ISO100 (Click to enlarge)

さて、私たちがついに辿りつた「飯盛山」山頂からは、実に素晴らしい大展望が広がっていました。


これは、私たちが歩いて来た北西の方角。

堂々たる八ヶ岳連峰の手前には、先ほど登って来た「平沢山」が見えています。









c0369219_23251159.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/11 1/200sec ISO100 (Click to enlarge)

そして、西の方へと目を向けると、八ヶ岳から南アルプスの山々へと主役がバトンタッチ。









c0369219_23271082.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/11 1/200sec ISO100 (Click to enlarge)

さらに、南の方まで目を向けると、遠くに富士山の姿がハッキリと浮かび上がっていました。


「飯盛山」の山頂からは、「野辺山高原」の大パノラマが味わえる、壮大な風景が広がっていたのです。


私たちは、この圧倒的な大風景をかみしめるように味わいながら、

山頂制覇に思わず喜びの声を上げていたのでした。


「飯盛山」は、本当に素晴らしい大展望が広がっている、気持ちの良い高原の山なのでした。









NEXT>>>











Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art &TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 &Speedlite 580EX II


© 2018 Full of LIFE

Commented by gummi-choco-pine at 2018-06-30 19:03
Hideさんこんばんは!!

おぉ~~~!
HideさんもJr.達を連れて飯盛山に行かれてたんですね!!!

比較的登り易いお山なのにあの展望が拝めるなんて
なかなかいいお山ですよね?!

とは言え2歳で登頂なんてFuhくん偉い!!!
Commented by yume_jin at 2018-06-30 20:52
こんばんは。
Akiくん、なかなか頼もしい山男に見えますよー♪ ^^v
Fuhちゃんもゴロゴロ石ころがある道を良く頑張りましたね。
こういう道って、とても歩きづらいんですよね。
石ころの上に乗ってしまって、転んだりしますからね。
南アルプスや八ヶ岳、そして富士山も! いい眺めで最高ですね。
ちびっ子たちで並んでくつろいでる後姿、なんて微笑ましいのでしょう♪
Hideパパさんの思いが二人に伝わっているんですね。
ステキな兄弟に成長していますねー☆

Commented by sa2ki-h6 at 2018-07-01 06:43
あんなに小さな2人が山登りしてると思うと・・・すごいですね。
やっぱり子供は、親の影響を受けると言うか・・・親の分身ですね!
きっと山登りの好きな子に育つんだろうな~。

あと全然関係ないですが、やはり14mmで人を撮ると、どこに配置するかで歪みが気になりますね。
Commented by zbjsower at 2018-07-01 07:50
cinnamonさん

そうなんです!
もうすっかり1ヵ月半前の話になってしまっていますが・・・
cinnamonさんが野辺山高原の記事を上げていた時に、私たちも丁度ここに行っていたので、あっ!!と思いましたよ~!
飯盛山は小さな子もたくさん歩いていました。
子連れ登山にも優しいお山だし、そしてこの展望ですから、それはもう素晴らしいです。
とはいえ、2歳児が完歩するにはちょっと距離があるかな?
また行ってみたいお山ですね^^
Commented by zbjsower at 2018-07-01 08:06
夢人さん

Akiは山男に見えてきましたか!(笑)
あの小石がゴロゴロしている坂は、2歳児にはちょっと厳しかったですね。
転んで顔から突っ込んでしまったりしたら大ケガをしてしまうと思います。
こういう道は、やっぱり小さいながらもキッズ登山靴が活躍してくれました。
普通の運動靴ではブレーキが利かなかったのではないかと思います。
眺めは良かったですよぉ~!
やっぱりこういう大展望が見られるというのは登山の醍醐味ですね。
いつも嬉しいコメントありがとうございます^^
これからも子どもたちの成長の過程を撮って行けたらと思っています。
Commented by zbjsower at 2018-07-01 08:33
さつきさん

ちびっ子たちも昨年と比べると、だんだん色々な山に行けるようになって来ました。
早くもっと色んな山に行けるようになったらなあ~と思ったりもしますが、どんどん成長してゆく事が、ちょっと寂しかったりもします。
親の影響・・・あるんでしょうね~(笑)
ある意味私の趣味を押しつけているのかも知れませんが、やっぱり自分が楽しい素晴らしいと思う事を、伝えたいという想いはあります。
14mm
このレンズは「0ディストーション」と言われる、驚くほどすっごい気持ちがいいスッキリした描写をしてくれるのですが・・・
やっぱり超広角レンズ特有の、周辺の流れや歪みはありますね。
人物を配置するのは、もうど真ん中以外ありません(笑)
でも後姿ならまあいっかな?と思って、ちょっと横に置いてみましたが、やっぱり歪みが目立ちますね^^;
このレンズばかり使っていると、他のレンズだと人物が色んな場所に配置出来る事が新鮮に感じてしまいます。
やっぱり14mmで写真を撮る時はちょっと神経を使いますね。
Commented by shoytomo at 2018-07-02 12:31 x
こんにちは。おじゃまします♪

やはり歩かれましたか、おにぎり山
子連れだと外せないお山ですよね^^
下の子が長時間乗車が厳しいのでいつ行こうかが悩みどころなのですが、秋口には狙ってみようかと思います。

ちょうどこの同じ日には我が隊は箱根の矢倉岳を歩いていました。やはり霞が濃くてさっぱりとした青空ではありませんでしたね・・・とはいえ八ヶ岳を初め南アに富士山まで見渡すこともできたようで、小さな瞳にもしっかりとその雄姿を焼き付けられたのではないでしょうか?二人で並んで座ってFuhくんが山座同定(笑)している絵はとてもイイですね^^
富士山、北岳、間ノ岳と、No1~3もバッチリ!

登頂まで4時間。この距離を歩けたというより、2歳児にして4時間も山道を歩き続けられるということに驚きです。逞しいですね。さてさて下山はどうなるのか、楽しみにしております。
Commented by dosanko-mama at 2018-07-02 22:17
幼児連れで、登山って、改めて考えるとすごいですよね!!
これからも安全第一で、楽しんでくださいね~♪

今思えば、私も登山に興味を持ったのは、息子が幼児の頃…。初心者が幼児連れは、あまりにも現実離れだろうなと、諦めて、いつかと思ってから、10年たってました…(~_~;)
Commented by zbjsower at 2018-07-03 09:03
shoytomoさん

おにぎり山!なるほどそうも見えるかも知れません(笑)
私はココ、今回初めて知ったのですが、子連れだと外せないお山なのですね。
そうですか・・・長時間乗車が厳しいというのは遠征も限られてしましますね;;
この日は天気予報では「晴れ」だったのですが、ちょっと雲が多かったです。
でも、野辺山高原は良いところでした。
また違う季節にでも登ってみたいところです。
ウチの場合、私が途中の撮影に時間を取られているという事もあり、かなりの長時間になっています。
ホントはサクサク歩いて行けばもう少し時間も詰められるとは思うのですが、やっぱりせっかくの親子登山なので、しっかり記録に残してあげたいんですよね^^;

「水と大地の妖精郷」拝見させていただきました。
shoytomoさんのページも、出来れば外部リンクに載せたいところなのですが、なぜか規定外という事ではじかれてしまって出来ないのが残念です;;
名栗湖にこんな場所があるのですね~
知りませんでした。
しっとりした沢歩きが出来るのですね。
私は未だ山行に三脚を持って行った事がないので、凄いなあ~と思わされました。
でもやっぱりこういう場所は長時間露光が素敵ですね。
いつかこんな撮影をしながらの山歩きをしてみたいなあ~と思いました。

平日の休み。
私も勤務がシフトで妻がパートなので、平日が休みの時はまさに”シンデレラタイム”に拘束されてしまいます(笑)
せっかくの休みなのに、何だか思いっ切り休んだ気にはなれませんね^^;

いつも嬉しいコメントありがとうございます^^

Commented by zbjsower at 2018-07-03 10:38
tunagu-yumeさん

やはり大人が歩くのとは違って、幼児登山というのは飛躍的に危険度が増すような気がします。
なので、やっぱり登る山は選びますし、道中も神経を使いますね。
私も登山を趣味にと思うようになって、まだ6年くらいですし、途中出来なかった時期も長かったのであまり経験はありません。
案外始めてみれば、なるようになるものだとは思いますけどね^^
by zbjsower | 2018-06-30 13:09 | 子連れ登山 | Comments(10)

登山が趣味。写真が好き。ちびっ子たちと元気に歩む日記ブログです。


by Hide
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31