異次元の世界へ SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art

c0369219_12444253.jpg

世界初そして唯一無二の存在である開放値F1.8の14mm超広角レンズ。

視覚を超えた今までにない新しい表現が可能になるという、「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」を購入してみました。






↑Data:Canon EOS 5D Mark II +EF100mm F2.8L MACRO IS USM ■f/5.6 1/80sec ISO1600 (Click to enlarge)

”超広角14mm開放F1.8が生み出す異次元の世界”

これを体験してみたかった私は、「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」が発売決定されてからというもの、

このレンズがずっと気になる存在でした。


とはいえ、私は星景などは全く未経験。

私が使ってみたいと思うのは主に登山時や風景の撮影にという事なので、ここでこんな単焦点レンズを使うというのは少数派かも知れません。


今まで登山などで主力レンズとして使っていたのは、「TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」です。

このレンズは本当に大活躍してくれていて、15mmという超広角域は風景写真に手放せないレンズとなっているのですが・・・

単焦点レンズ派の私としては、ズームレンズの絶大な利便性も認めつつも、大口径単焦点レンズならではの突き抜けた描写を求めてしまったのでした。









c0369219_14004295.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +EF100mm F2.8L MACRO IS USM ■f/4 1/125sec ISO640 (Click to enlarge)

さて、まるでこぼれんばかりの丸い前玉が特徴的なこのArtレンズ。

その質感の高さにチープさは微塵も無く、触っているだけでワクワクするものがあります。

以前こよなく愛用していた「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art」を、懐かしく思い出してしまいました。









c0369219_14064242.jpg
Canon EOS 5D Mark II +EF100mm F2.8L MACRO IS USM ■f/4 1/100sec ISO400 (Click to enlarge)

レンズ質量は1,120gという事で「SP 15-30mm F/2.8」の1,100g とほぼ変わりませんが、大きさが一回り小さいという事が非常にありがたく、

それが積極的に持ち出そうという意欲にもつながるので、レンズを複数持ち歩く際にはかなり有利になる気がします。

フードやキャップを含めて、思っていたより径が太くないので、カメラバッグに入れてもそれほど嵩張らないというのがGoodでした。









c0369219_16013676.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/1.8 1/125sec ISO125 (Click to enlarge)

それでは、「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」のファーストインプレッションです。


2017年12月26日(火)

このレンズの初撮りとして、ショッピングモールへと持ち出してみました。


14mmという超広角は初体験だったのですが、思っていたよりは扱いやすく普通のスナップにも使える感じがします。

配置を注意してあげれば人物もそれほど歪まず、超広角の面白さと一緒に自然な感じで撮れるように思います。









c0369219_16175860.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/1.8 1/6400sec ISO100 (Click to enlarge)

私はそれほど気にはなりませんが、ゴーストはかなりの確率で発生する感じで、これは飛び出した前玉の宿命なのでしょうね。









c0369219_16241534.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/1.8 1/800sec ISO100 (Click to enlarge)

14mmでのこういう背景のボケ具合は、これまで見た事の無かった世界かも知れません。









c0369219_16265261.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/1.8 1/400sec ISO100 (Click to enlarge)

エスカレーターに乗りながら、ささっと撮ってみた1枚。

EOS 5D Mark IVで使用する環境では、AFは迅速でストレスを感じる事も無く、なかなか良い精度で合ってくれているように感じました。









c0369219_16322662.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/1.8 1/3200sec ISO100 (Click to enlarge)

はしゃいで飛び跳ねて踊っているAkiを、絞り開放F1.8で追ってみましたが、ほとんどジャスピンで撮れています。









c0369219_16354063.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/1.8 1/3200sec ISO100 (Click to enlarge)

超広角という難しさはありますが、とってもワクワクして楽しくなるレンズでした。









c0369219_16381574.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/1.8 1/2000sec ISO100 (Click to enlarge)

普段のスナップには向かないレンズかと思っていましたが、積極的に使ってみようと思わせてくれる楽しさがあります。









c0369219_16401699.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/1.8 1/4000sec ISO100 (Click to enlarge)

これはEOS 5D Mark IV搭載の、デュアルピクセル CMOS AFならではの1枚でしょうか。

ライブビューに切り替え、顔+追尾優先AFにピントを任せてノーファインダーで撮ったものです。

絞り開放F1.8でも、しっかりと目にピントが合ってるというのは、技術の進歩を感じてしまいます。









c0369219_16471354.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ■f/1.8 1/3200sec ISO100 (Click to enlarge)

初撮りのこの日、あまり多くは撮影出来ませんでしたが、異次元の世界の一端を垣間見る事は出来たでしょうか。









c0369219_17114338.jpg
Canon EOS 5D Mark IV +EF100mm F2.8L MACRO IS USM ■f/4 1/125sec ISO500 (Click to enlarge)

「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」は、実は使い難くて後悔するのではないかという危惧もあったのですが、

実際に使ってみると、想像していたよりも魅力が勝り、ワクワクする楽しさのあるレンズでした。


14mm超広角という視覚の限界に近い焦点距離の単焦点なので、常用レンズとは成り得ない特殊さはありますが、

普段からどんどん持ち出して、ここぞという時には、工夫して積極的に使ってみたいですね。



視覚を超えた今までにない新しい表現を生み出す、唯一無二の異次元のレンズ。

まだまだ全然使いこなせていませんが、これからしっかり練習して、感動を生むような1枚がいつか撮れるようになりたいものです。









Canon EOS 5D Mark II &Canon EOS 5D Mark IV +EF100mm F2.8L MACRO IS USM &SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art


© 2018 Full of LIFE

Commented by renchiyan3 at 2018-01-14 05:21
おはようございます
超広角の1㎜の差小さいようで大きいですね 私も使ってみた
いです・・・ でも当分新しい機材はお預けです
Commented by sa2ki-h6 at 2018-01-14 05:56
Hideさん、すっかり沼ですね~(笑)
お金持ちは違うなー・・・。
逆に次は何を購入されるのか楽しみです!!!
私はシグマだと85が気になってます。
Commented by sarutv at 2018-01-14 13:07
こんにちは。
私は、24㎜以下のレンズは持っていなく、改めてCanon16-35のズームが欲しくなってきた気がします。暫く、Canonへの投資してないしな~。
大変参考になるサンプル写真でした。
Commented by club_yume_ututu at 2018-01-14 15:22
こんにちは。

F1.8の14mm超広角レンズ。
その世界に溺れてみたい。お写真を楽しみにしています。
今年も どうぞ よろしくお願いいたします。
Commented by dosanko-mama at 2018-01-14 21:07
わ~~~♪
14mmの世界、覗いてみたいです!!

今はすっかり16-35Ⅲを買うことを目標にしてますが、14mmも気になる~~!!!
続きのお写真も、続々と拝見させてください!!!
Commented by zbjsower at 2018-01-15 00:11
renchiyan3さん

15mmと比べて、かなり差があるかな?と想像していたのですが、撮影している時はさほど違いを感じませんでした。
でも、やっぱり仕上がりを見ると差が出ていますね。
15mmと14mmの世界は、わずかなようで如実な差があるように思いました。
私もレンズはこの辺りで一旦落ち着くかなと思っています。
Commented by zbjsower at 2018-01-15 00:22
さつきさん

やっぱり単焦点レンズの描写を知ってしまうと、どうしてもズームとの違いが目についてしまうんですよね・・・
決してお金持ちではありませんが、とりあえず必要なレンズは概ね揃ってきたかな~という感じになりました。
85mmレンズは、実は次に気になる焦点距離なのですが、しばらく後回しでもいいかなあ~と思っています。
85mmArt、ぶっちぎりの解像度で凄いんだろうなあ~とは思いますが、私はどちらかというとEFの85mmの方が気になります。
Commented by zbjsower at 2018-01-15 00:28
saruyamaさん

saruyamaさんは、てっきり超広角レンズも数本持っているのかと思っていました。
私も超広角レンズの入門としては、16-35mmF4が最初でした。
すごく楽しかったけど、すぐにもっと明るいレンズが欲しくなってしまいましたね^^;
実際、子どもを撮る事が多い私には、F4とF2.8は描写が大違いでした。
そして、さらに明るいF1.8はまた全然違いますね。
Commented by zbjsower at 2018-01-15 00:34
club_yume_ututuさん

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。
このレンズは、やっぱりフルサイズならではの世界なんだろうなあ~と思います。
F値の違いは、一見あまりそう違わないようにも感じるのですが、やっぱり2.8と1.8は差が大きいですね。
絞ってしまえば同じ・・・とも言えるかも知れませんが、やっぱり単レンズならではの抜けの良さも感じます。
Commented by zbjsower at 2018-01-15 00:45
dosanko-mamaさん

16-35のⅢ型、目標にされているのですね!
なるほど、やっぱりEFならではのLの描写味もあるだろうし、私も一度使ってみたい気がします。
私は超広角ズームはSP15-30ですが、時々35mmまであったらなあ~と思う事がありますね。
その分、15mmまでシフトしているのですが、やっぱり16mmと15mmの差はかなり感じるので、無い物ねだりというところでしょうか。
14mmは撮影がちょっと難しいので、なかなかうまくいかない事も多いですが、最近は頻繁に持ち出すようにしています。
拙い写真ではありますが、以後の記事でも登場してくると思いますので、良かったら参考にしてみてください^^
Commented by aozoracafe123 at 2018-01-16 14:27
こんにちは☆
素敵~!
シグマの超広角、すごいですね~。
レンズが球面ですごい。
それに5D4、憧れます♪
Commented by zbjsower at 2018-01-17 08:14
かっきーさん

丸い前玉はホントにこぼれるような大きさで、夢中になって撮影しているとぶつけそうで怖いです(笑)
F1.8は、14mmなのでさほど大きなボケは期待できないとはいえ・・・されどやっぱりズームとは明らかに違う世界のように感じます。
5DMrak4は、いろんな所がよく出来ていて使いやすく感じますね。
3000万画素というのも、2000万と一見さほど進化が無いような気がしますが、ブログサイズの写真でも、かなり違いがあるように感じます。
by zbjsower | 2018-01-13 18:57 | カメラ・レンズ | Comments(12)

登山が趣味。写真が好き。ちびっ子たちと元気に歩む、お出かけ日記ブログです。


by Hide
カレンダー