「Canon EF16-35mm F4L IS USM」を手放す理由

c0369219_18293508.jpg


定評のある「Canon EF16-35mm F4L IS USM」ですが、手放す事にしました。





このレンズは、以前に使っていた「SIGMA 24-35mm F2 DG HSM | Art」の代わりに、

今年の6月に購入したばかりなのですが、どうも私には合わなかったようです。


そもそもこのレンズの購入のきっかけとなったのは、

山行での風景写真に24mmではちょっと物足りなく感じるようになって来たという事からで・・・


確かに、アウトドアなどでの風景写真には、超広角という画角は重宝するし、使い勝手も描写も優秀で良かったのですが、

何となくワクワクするようなところが無いので、あまり積極的に使う事が少なくなってしまったのです。


この前に使っていた、SIGMA24-35mmF2Artが、あまりにも魅力があったというのがあるのかもしれません。



EF16-35mmF4Lの描写性能に関しては、隙が無くて非常に優秀だと思うのですが、

それでもやっぱり単焦点レンズ並みの描写をする、SIGMA24-35mmF2Artには敵わないと思いました。



EF16-35mmF4Lは、画面の隅々までビシッと描写されている半面、極端な表現をすると、

線がちょっと太いというか、画面が塗り絵みたいな二次元的な印象になりやすい気がするんですよね。


弱点が無くてまるで優等生のような写りをするレンズなのですが、どうもその描写には面白さが感じられません。



そして、何と言っても開放F値が4というのは、私には物足りなさ過ぎました。


超広角レンズだし、そこまで明るいレンズは必要ないかなあ~と思って、

F2.8LⅡより画質が優れているというF4Lにしてみたのですが、


最初に子どもを試し撮りをした時点で、その物足りなさは顕著に感じ、

普段の家族スナップなどには、極力使いたくないと思うレベルのボケ加減だと思いました。



これまでの愛用レンズが、F1.4やF2レンズだったという事もあるのですが、

描写力がいくら優れていても、F4のレンズだとこんなにも普通になって、面白くなくなるとは思っていませんでした。



レンズを使う時に、ワクワクするようなものが無く、

これじゃないと撮れないから仕方なく使うというような感じになっていて、

一番撮影機会が多い家族スナップにおいては、ほとんど出番がなかったんですよね・・・








c0369219_19331417.jpg

しかし、このレンズを使って、物凄い衝撃を受けた事もあります。


それは今まで使った事が無かった手ぶれ補正機能(IS)の存在です。


使ってみると、それは本当に便利で、まさに目から鱗の状態でした。


このISのおかげで、機動力と撮影の幅が何倍にも広がり、

薄暗い場面とか朝夕の時間帯とか、とっさに歩きながらシャッターを切ったりしてもしっかり撮れていたりとか、

これまで撮れずに諦めるような状況でも、こんなにも簡単に写真が撮れてしまうという驚きと素晴らしさは、

一度味わってしまうと、もう元には戻れないように思います。


単焦点より暗いという弱点のあるズームレンズは特に、

手ぶれ補正機能がある事で、途端に物凄く便利になるんだなあ~と、つくづく思ってしまいました。










さて、

そんな訳で、このEF16-35mmF4Lを下取りに出して、これに代わるレンズを購入する事に決めたのですが、

私が次に求めるレンズとしては・・・


●登山に持っていけるレンズ

●超広角レンズで、家族スナップなどにも使える35mmくらいまでのテレ側を確保している事

●開放F値は出来るだけ明るいF2.8

●手ぶれ補正機能が付いている事


という事となりました。



そんな中、実はひそかに、新発売される「Canon EF16-35mm F2.8LⅢ IS USM」に期待していたのですが、

手ぶれ補正機能が付いてなかったんですよねぇ~;

そして、お値段もⅡ型からぐっと値上がりしていて、ISが無いのにそこまで無理して買いたいと思う魅力に欠けます。




なので、テレ側を少し妥協する事になりますが、

「TAMRON (タムロン) SP 15-30mm F2.8 Di VC USD/Model A012E」を選んでみようかと思っています。


フィルターが付けられない出目金レンズなのが、登山では気を遣うところではありますが、

重さに関しては、以前SIGMA24-35mmF2Artを常用していたので、そこまでは苦にならないかも?という期待。


描写に関しては、実際に使ってみないと何とも言えないけれど、

ニコン14-24mmF2.8という神レンズに迫るレンズだという噂もあるので、期待出来るのではないかと思います。


今度こそは、ワクワクして使えるレンズである事を願うばかりです。









c0369219_20020622.jpg

結局、約4カ月間で数回しか使わなかった「Canon EF16-35mm F4L IS USM」


色々と不満点などを散々書きましたが、使いやすくて弱点の少ない、非常に優秀なレンズだとは思うので、

必要とされる人の元に行って、是非とも大活躍して欲しいと思います。









Canon EOS 5D Mark II +SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art

Commented by うるるんjr at 2016-10-08 22:59 x
撮れる写真の面白さとかボケ具合とか・・・なんとなく分かるようですが、
自分には及ばないレベルだなぁと思うのが素直な感想です。
いつも拝見している写真はどれも素敵だなぁと拝見しているのですが、
”同じ対象でもこのくらい違うよ。” という例があると
分かりやすいのですが、チャンスがあったらアップをお願いします。

ニコンの14-24はそのように言われているのですか?
あと二つのズームレンズの3本が大三元とは聞いていましたが
ちょっとほしくなりましたw
Commented by sa2ki-h6 at 2016-10-09 06:42
ついに手放すんですね~、16-35。
4ヶ月ですか!
でも見切りが早いところがさすがです。
超広角レンズが欲しい!ってところに山男のHideさんらしさを感じます。
私が16-35を使うとしたら、建物バックのポートレートくらいかなぁ。
全景が入らずに悔しい思いをしたことが多々あるので。
でも今のところ24-70で何とかなってます。
と言うか、欲しいと思っても買えないし(笑)
ボディーも欲しいなぁ。
物欲は尽きません。
Commented by zbjsower at 2016-10-09 19:10
うるるんjrさん

改めて過去写真などを見直してみたのですが、同一条件の分かりやすい写真は見当たらなかったので・・・ちょっとUP出来なくて申し訳ありません。
山などで絞り込んだ風景写真などでは、35mmArtと比べても、一見ほとんど差は分からないくらいに素晴らしい描写をしてくれます。
ただ、RAW現像していると、16-35F4の方は、トーンカーブなどをちょっといじるだけでも絵がおかしくなりやすく、24-35Artと比べても、その辺の表現出来る幅の深みのようなものが乏しく感じました。
そして、F4というのは、ボケを生かすような撮影は難しく、やっぱり普通っぽい描写になってしまうのが、私には常用するレンズになり得なかったところでしょうかね・・・

ニコン14-24mmf2.8は、かなり評価の高かったレンズで、一部では神レンズなどと言われていたと聞きます。
タムロン15-30mmF2.8は、その神レンズを一部超えてくるような描写をするという事で話題になったようですね。
Commented by zbjsower at 2016-10-09 19:30
さつきさん

性能的には欠点の少ない優等生のようなレンズで、F4という事を除けばほとんど文句のつけるところがないようにも思えるのですが・・・
そのF4という点が、どうしても気に入らなくなってしまって・・・そして、あまり愛着が湧かなかったレンズだったんですよねえ~
以前は、単で35mmがあるので、それより広い画角はズームで補おうと思っていたのですが、ここのところ、24mmF1.4あたりが欲しいなあ~なんて思うようになってきていて・・・
なんでだろう?と考えてみると、やっぱり16-35F4に満足出来てなかったからなんですよね。
そこでやっぱり、少しはボケが生かせるかも知れないF2.8が欲しいと思うようになってしまいました。
私も、ボディがちょっと古くなってきているので、もっとAFが強くて高感度が実用的なものに魅力を感じてはいるのですが・・・
それよりもまずはレンズかなあ~と思っています。
気になるレンズが多くて困ります^^;
by zbjsower | 2016-10-07 20:56 | カメラ・レンズ | Comments(4)

登山が趣味。写真が好き。ちびっ子たちと元気に歩む日記ブログです。


by Hide
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31