ヘルニア手術後65日 自宅用デスクチェアを新調(コイズミ JG5チェア)

c0369219_12241103.jpg

腰椎椎間板ヘルニア手術後65日が経過し、自宅用のデスクチェアを新調しました。







その後、術後の経過は、なかなか順調のように思います。


7月31日からは、脳や中枢神経の鎮静剤である「リリカ」「トラムセット」の服用を止めました。


いわば麻薬の一種なので、以前から一日1錠1カプセルのみに減らしてはいたのですが、

完全に止めた時には、非常に強い倦怠感などの禁断症状に悩まされました。


禁断症状が最も強かったのは止めた当日で、その後は徐々に治まって行き、

5日を経過した今は、もう体調も快調なので、恐らくもう完全に離脱出来たのではないかと思います。



右足の痺れや痛みは、薬なしで普通に歩けるようにまで回復して来ています。

長時間歩き続ける事が出来るようになっているのかはまだ分かりませんが、

確実に痛みが治まってきているので、ウォーキングが開始出来るのもそう遠い事ではないと思います。



術後1ヵ月から始めた水中ウォーキングは、これまで通算で18回通った事になりますが、

これの効果もジワジワ出てきているのでしょうか?


3ヵ月くらい続けないと効果が現れてこないというダイエット効果も、早くもじんわり出てきているのか、

体重が62.5kgまで落ちて来ました。


これからが大変なのかも知れませんが、

筋肉を付けつつ目標である体重60kgに落とすのも、夢では無くなって来ていて、

もはやだんだん肉体改造をしていく事が楽しくなって来ていますねw




ところが、

このように足の痺れや痛みなどの回復は著しいのですが、どうも、腰の弱さが解消されてきません。


先日も、久しぶりに映画館に「シン・ゴジラ」を観に行ったのですが、

その映画の内容よりも、腰の疲れが序盤から出ていて、ずっと座り続ける辛さに参ってしまいました。


やっぱり自分のペースで立ったり座ったりする事が出来ないと、ずっと同じ着座姿勢というのは腰が辛いのです。


今、私が最もしんどいのは長時間座り続けるという事かもしれません。





そうした悩みの中、

自宅のデスクチェアも随分ガタが来てボロボロになって来ている事もあり、

この機会に、腰痛にもある程度配慮された、新しいデスクチェアに新調する事にしたのです。



しかし、色々探してみたのですが、

評判の良い本格的なデスクチェアは10万円くらいするので、とてもじゃないけと手が出せません。


そこで、25,000円と比較的安価で、コストパフォーマンスが良さそうな

「コイズミ JG5チェア」を選んでみました。


c0369219_16572122.jpg
出典:kagu.koizumi.co.jp


コイズミの”JGシリーズ”は、この他にもJG4~JG7までのシリーズがあるのですが、

私には最も重要であろう、腰や背中を支える”ランバーサポート”が、

上位であるハズの「JG6」「JG7」よりも、「JG5」が最も高性能となっているのが不思議なところ。


本当はヘッドレストまであるチェアの方が良かったのですが、

最上位の「JG7」に至っては、ランバーサポートが固定の上に、最低座面高が高く、

身体に合わないのが致命的でした。


その点、「JG5」のランバーサポートは、身体に合わせて上下前後に細かい調整が出来るのが優れものです。



肝心の座り具合に関しては、

まだファーストインプレッションではありますが、今までのヘタレたチェアと比べるとかなり快適で、

これなら少しは長時間の着座姿勢にも対処出来るようになりそうです。








c0369219_19185308.jpg

通勤途中に見つけたまぶしい朝顔に、明るい兆しを感じながら、

そろそろ今度はウォーキングで腰回りの強化を図って行けるかな~と、そんな風に思い始めた、術後65日目の朝。



これからも慎重に段階を踏んで行って、

またチビを背負って山登りが出来るようになるまで、だんだんと身体を鍛えて行きたいと思うのでした。









Canon EOS 5D Mark II +SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art, EF135mm F2L USM

by zbjsower | 2016-08-04 20:13 | 健康 | Comments(0)

登山が趣味。写真が好き。ちびっ子たちと元気に歩む日記ブログです。


by Hide
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31