豪快に落ちる越える! 御柱祭 上社山出し2日目

c0369219_23093078.jpg

御柱祭上社山出しの最大の見せ場と言ってもいい、豪快な「木落し」「川越し」は、割れんばかりの大歓声で沸き猛っていました。





2016年4月3日(日)

前日の御柱祭上社山出し1日目に続いて、2日目のイベントを観覧してきました。


c0369219_23253517.jpg

2日目の最初の見せ場は、急坂を一気に下る「木落し」ですが、

懸念していた通り、観覧出来る場所が限られるために、こんな場所からの見物となりました。









c0369219_23340688.jpg

大混雑が予想されるトップの”本宮一”は避けて、二番手の”前宮一”から見に行ったのですが・・・

有料観覧席でなければ、まともな場所では見れそうもありません。(写真は大幅にトリミングしたものです)









c0369219_23402771.jpg

さて「木落し」です。

掛け声は威勢がいいものの、なかなか進まない坂の上の曳行。









c0369219_23433853.jpg

予定時刻を大幅に過ぎて、ようやく準備が整いそうです。









c0369219_23463890.jpg

そして、待ちに待ったその瞬間です。









c0369219_23485373.jpg

まだかまだかと待った割には、落ちて行くのは一瞬でした。(まあ、当然なのでしょうけどw)









c0369219_23503852.jpg

どよめきと大歓声に包まれ。









c0369219_23533902.jpg

そして、沸き起こる拍手喝采。

毎回死傷者を出すと言われている御柱祭ですが、この「木落し」はスムーズに行ったようで良かったです。









c0369219_23564562.jpg

そして、次々と続く御柱が木落し上にやってきます。


興奮さめやらぬ中この場を後にしましたが、正直な所、やっぱり観覧の場所が遠すぎて、ちょっと物足らない感はありました。

まともに観覧出来る場所はほとんど有料になって、ぶらりと見物に立ち寄れるような場所では無いようですね。









c0369219_00123299.jpg

さて、次は山出し最後の難所である「川越し」へ向かう曳行を見に行きました。

本宮一之御柱を迎えるために、子供木遣りが威勢よく謳い上げています。









c0369219_00073360.jpg

ここでは、通りの民家の方が造られた大きな見物台に乗せて頂いて、観覧する事が出来ました。









c0369219_00183991.jpg

相変わらず物凄い人の波に乗って、本宮一之御柱がやって来ます。









c0369219_00221940.jpg

ご好意を頂いて、高い場所から見渡せる、こんな桟敷のような所に乗せてもらった事に感謝です。









c0369219_00284833.jpg

さあ、御柱が目前に近づいて来ました。









c0369219_00331810.jpg

ヨイサー! ヨイサー! ヨイサー! ヨイサー!









c0369219_00342776.jpg

いやあ~@@ 

本当に間近で見ると、凄まじい大迫力でした!









c0369219_00360718.jpg

さて、お目当ての「川越し」ですが、ここも有料観覧席か氏子さんじゃないといい場所で見物する事は難しく、

ぶらりと見物に来た私たちには、こんな場所から観覧するのが精一杯でした。









c0369219_00405071.jpg

しかし、ここなら135mmの望遠レンズで何とか撮れるので、「木落し」の時よりはマシなようです。









c0369219_00424220.jpg

そして、いよいよ本宮一之御柱の「川越し」の始まりです。









c0369219_00441620.jpg

ゆっくりと御柱を曳いて、慎重に先端を川に突き出して行き・・・









c0369219_00474234.jpg

そして入水が始まります。









c0369219_00491885.jpg

どよめきと共に川に落ちてゆく御柱。









c0369219_00505797.jpg

豪快な着水と共に、湧き上がる大歓声。









c0369219_00523634.jpg

人の合わせた力のみで、巨大な御柱が難所の川を越えて行きます。


やっぱりここも、惜しむらくはもっと近くで見たかったなあ~というのはありますね;;









c0369219_00595024.jpg

そして、川を越えた御柱は、みんなの拍手喝采を浴びながら、まるでパレードのように御柱屋敷に向かって進んで行きます。









c0369219_01033058.jpg

割れんばかりの大歓声と掛け声は、諏訪の人たちの魂の叫びかのように鳴り響いていました。









c0369219_01071438.jpg

ああ~・・・

御柱祭を見に来て良かったなあ~


こんなにも心を揺さぶられる祭りを見るのは、生まれて初めての事のように思います。









撮影機材:Canon EOS 5D Mark II +SIGMA 24-35mm F2 DG HSM | Art,EF135mm F2L USM

Commented by すくなひこな at 2016-05-04 20:55 x
写真には写っていないようです
私はもっと綱の先のほうで走り回っていました
この日はインドの友達も来てくれて、はっぴを着て参加してくれました
やっぱりいたく感激してました
自国では毎日お祭り三昧な彼らを感動させるほどのお祭りなんですから御柱祭はただのお祭りではないようです
Commented by zbjsower at 2016-05-07 08:13
少彦名さん
写真には写ってなかったですかw
インドの方々も参加していたのですね~ そういえば外国の方も時々見かけましたね。
私たちは幼児連れだったので、お祭りを見るのも無理のない程度でしか見れなかったのですが、もし次の機会があるなら、もう少し踏み込んで見物してみたいなあ~と思いました。
by zbjsower | 2016-04-07 01:20 | 祭り | Comments(2)

登山が好き!写真が好き!ちびっ子たちと元気に歩こう!


by Hide
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31