「デパ帳」でフォトブックを作ってみました

c0369219_22523327.jpg

写真を撮るのはいいけれど、どんどん溜まって行くデータをPCの中にだけに入れていてはもったいない。


せっかくだから子供の成長記録という事で、フォトブックを作ってみる事にしました。













c0369219_22563549.jpg

フォトブックを取り扱う会社も色々あるのですが、その中でも一番仕上がりが綺麗に印刷されるという評判の「デパ帳」を選んでみます。


今なら20%OFF+フォトフレームが無料で付いてくるという事で、ちょっとお得感がありました。









c0369219_23042416.jpg

今回選んだハードカバー装丁のランドM(297mm×210mm)は、規格の中でも大き目のA4サイズ。

フォトブックのハードカバー本には半透明のクリアケースが付いています。









c0369219_23071525.jpg

このフォトブックは、中の用紙にグロッシー(光沢紙)が使われているタイプなので、21ページで5500円です。


5500円というのはちょっと高いようにも思いますが、同サイズでも無光沢紙なら4000円に抑えられたりします。

また、小さいサイズ(9種類のサイズ有り)のフォトブックにするなら同ページ数で2100円~で作れますが、

私的には、写真はやっぱり出来るだけ大きく見たいので、あまり小さい本だと不満に感じますね。









c0369219_23163983.jpg

さてさて、中を開けてみると・・・仕上がりは予想を上回る満足の行く綺麗な出来栄えでした。









c0369219_23192661.jpg

光沢紙はまるでプリント紙のように中厚手で、色再現もしっかりしていてプリントした写真にしか見えないクオリティです。


市販されている写真集のような感じなのかと思っていましたが、これは印刷されたようには見えない生写真のような画質ですね。









c0369219_23252874.jpg

そして、無料で付いてくるフォトフレームには、以前北横岳で撮った冬山の風景をチョイスしてみました。


初のフォトブックだったので、実際に出来上がってくるまでどんな物なのか不安でしたが・・・

これなら大切な写真を残していくのにも満足出来るなあ~と思います。



どうしてもプリントしてアルバムに入れて等とやっていくと、どんどん嵩張って行って重くて場所を取るようになってしまう写真ですが、

こうしてフォトブックにすると、スマートに大切な思い出としてしっかり残せるように思いました。



クオリティにも非常に満足したので、今後もフォトブックはデパ帳で作って行こうかな~と思います。









撮影機材:Canon EOS 5D Mark II +SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art

by zbjsower | 2016-03-22 01:11 | 写真 et cetera | Comments(0)

登山が趣味。写真が好き。ちびっ子たちと元気に歩む日記ブログです。


by Hide
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31