紅葉始まる磐梯山 八方台~中ノ湯温泉跡

c0369219_16182028.jpg

一足早くやってくる山の紅葉の景色を求め、Fuhを背負って秋の磐梯山へと行ってみました。






↑Data:Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/11 1/100sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

2017年9月29日(金)

お天気の悪い日が続く9月の終盤、ようやく前日の雨もあがって晴れ間を見せてくれるという天気予報に、

1歳11ヵ月のFuhと2人で、初の磐梯山(福島県)登山をチャレンジしてみる事にします。



実は前回の赤城山登山の後、ヘルニアを持つ私の腰の調子はあまり良くなく、

足の痺れや腰の痛みが出てしまっていて、今回の登山はどうしようかと不安に思う事もありました。


最近は割と快調だった腰の調子なのですが、前回の登山後にしっかりケアしてなかったせいだと思うのですが、

コルセットをしていないと辛く思う時もあり、決して体調は良くは無い状態。


しかし、いずれにしても、私の腰痛はこれからも長く付き合って行かざるを得ないようなので、

登山を続けて行く為には、だましだましでも足腰を鍛えて行かないといけないと思うのです。


決して無理な事をしないように、慎重に体調をはかりつつ、

今回はコルセットを装着して、Fuhを背負いながらの登山となります。


磐梯山の八方台からの登山コースは、決して難しくは無く、どちらかと言えば初級者向きのコースだとは思うのですが、

子どもを背負って歩く今の私には、真剣にチャレンジをしなければならない登山でもありました。









c0369219_16303783.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/3.2 1/60sec ISO640 30mm (Click to enlarge)

さて、磐梯山ゴールドライン沿いにある、「八方台登山口」駐車場に着いたのは、まだ辺りが暗い早朝5時でした。


こんな時間に到着するには、埼玉の家を夜中の1時半には出発する必要があり、

Fuhも車の中でウトウトしていたとはいえ、さすがにご機嫌斜めな様子です。


車の中で朝ご飯を食べながら夜明けを待ち、準備をしてから車外に出るも、すっかり機嫌を損ねてしまったFuhは笑顔一つも見せてくれません。

キッドキャリーで私に背負われ、ひと眠りしてからじゃないと、元気が出てこないようでした。









c0369219_16400792.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/20sec ISO320 19mm (Click to enlarge)

50台の駐車スペースを誇るこの駐車場も、私を含めてまだ3台のみですが、雨上がりという事もあり平日の早朝はこんなものなのでしょうか。

5:56、Fuhを背負って歩き始めます。









c0369219_16431644.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/5.6 1/13sec ISO640 15mm (Click to enlarge)

その駐車場から道路を渡った反対側にある「磐梯山八方台登山口」から、いざ!磐梯山へと出発という事となりました。









c0369219_16460170.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/2.8 1/25sec ISO640 23mm (Click to enlarge)

入り口に大きく書いてある「クマ出没注意」の看板がちょっとコワイ。

一応クマ除けの鈴は付けていますが、実際にクマに出会ったら頭の中真っ白になってパニックになりそうな自信がありますね。









c0369219_16493427.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/2.8 1/13sec ISO400 15mm (Click to enlarge)

登山口を入って行くと、まずはしっとりとした森の中を、ずんずん歩いて登っていきます。


のっけからもう、ああ~ここから既にAkiが嫌がるガタガタ道だなあ~と感じ、

4歳になったばかりのAkiを連れて歩かせるような山じゃないんだろうなあ~と思いました。









c0369219_19140328.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/4 1/20sec ISO500 24mm (Click to enlarge)

登山道は、夜半まで雨が降っていたという事もあってか、ところどころに避けられない泥濘があり、登山靴はあっという間にドロドロになってしまいます。









c0369219_19173481.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/4 1/13sec ISO160 15mm (Click to enlarge)

背の高い木々が生い茂る森の中、さらにどんどん進んで行きます。









c0369219_19191526.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/4 1/25sec ISO400 23mm (Click to enlarge)

石がゴロゴロしていますが、登山道自体はそう険しくもなく、大人なら歩きやすいと言える山道でしょうか。









c0369219_19252508.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/15sec ISO160 15mm (Click to enlarge)

そして6:26。嬉しい太陽の光が、キラキラと森の中に差し込んでくるようになって来ました。









c0369219_19283754.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/15sec ISO320 15mm (Click to enlarge)

やっぱり陽の光があるだけで、気持ちも明るく何だかワクワクしてくるというものです。









c0369219_19310844.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/25sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

朝の光は眩しくキラキラ。

森の木々もさわさわと葉をゆらしながら、その陽光を祝福しているかのようでした。









c0369219_19365543.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/11 1/60sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

そして突然、深い森には終わりが訪れます。









c0369219_19390929.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/16 1/50sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

前方には眩しい太陽が煌めいていて、強烈な硫黄のにおいが立ちこめる開けた場所に辿り着きました。









c0369219_19441135.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/16 1/30sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

6:34、中ノ湯温泉跡。

ここはまるで、隠れ里のような秘境を思わせる場所です。









c0369219_19521312.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/125sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

左手にある丸山の方への斜面を登ってみると、丘の上には何やらアンテナのような装置が設置されていました。









c0369219_19543955.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/11 1/80sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

そこからの北東の景色。









c0369219_19555813.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/11 1/80sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

東南の先に見える三角の山は、これから登る磐梯山の雄姿です。

ここは朝日がキラキラしていて、黄金色に輝く秋の彩りがとってもゴージャスに感じる場所でした。









c0369219_19594231.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/4 1/100sec ISO640 15mm (Click to enlarge)

丘を下りて登山道へ戻り、さらに温泉跡へと進んで行くと、なるほど跡という名が付くだけの事はある荒涼とした場所なのが分かります。









c0369219_20061949.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/40sec ISO100 18mm (Click to enlarge)

立ちこめる硫黄のにおいは、今も温泉がこんこんと湧いている証拠なのでしょうが、

傍に建つ温泉宿は荒れ果て朽ちていて、少し寂しさを感じてしまいました。









c0369219_20132287.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/6.3 1/13sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

中ノ湯温泉跡を後にして、さらに進んで行くと木道が整備されていましたが、

これがかなり傾いているので、朝露に濡れた足元はつるつる滑り、逆にちょっと危なかったです。









c0369219_20203832.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/2.8 1/25sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

木道途中のしっとりした雰囲気に、思わずしゃがんで写真をパシャリ。









c0369219_20244041.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/2.8 1/15sec ISO125 15mm (Click to enlarge)

そして木道を過ぎると、ゴツゴツした石が行く手を遮るような道が続く、森の中へと入って行きました。









c0369219_20275911.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/30sec ISO100 19mm (Click to enlarge)

7:02。

暗い森を歩くその先に、明るい出口のような場所が見えてきます。









c0369219_20313958.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/9 1/125sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

ワクワクしながらそこへ出てみると、そこは、北から東の展望が広がる眺望ポイントとなっていました。

わぁ~気持ちいいなあ~!

登山道途中の名もない眺望ポイントですが、気持ちの良いその展望に、今日の登山に益々期待が膨らみます。









c0369219_20363931.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/100sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

これから向かう磐梯山の横からは、朝日がキラ~ン!!と煌めいていて、

まるで、私たちを祝福し、明るく導いてくれているかのようでした。









NEXT>>>











Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD


© 2017 Full of LIFE

Commented by gekko_skul at 2017-10-17 17:02
こんにちは
お子様を背負っての登山行には、只々頭が下がります。
腰への負担もかなりのものではないでしょうか、心配になってきます。
良い思い出作りが長く続けられますように、応援しています^^
Commented by zbjsower at 2017-10-18 11:52
Maruさん

数年前は当たり前のように平気な顔で、子どもを背負って山に行ってましたが、今では覚悟が必要になってきています。
あまり無理しない程度で、自分なりに考えて山を選んでいますが、いつまで登山が出来るのか・・・
だんだん一つ一つの登山が貴重なものになって来るように思います。
Commented by purebliss at 2017-10-18 17:10
こんにちは^^
Fuhちゃんの体重は どれくらいなのかな?
まだ2歳前とはいえ 背負っての登山は 厳しそうですね
腰の具合は 大丈夫ですか?
まだまだ おこちゃまが大きくなるまで 先が長いので
無理のないようにしてくださいね

でも Hideさん 登山が好きなんですね
写真と登山なら どっちがより好きなのかな^^
両方の趣味を お子さんと楽しんでて ちょっと羨ましいです

このお天気の中 最後の美しい青空で
私も 気持ちいい〜〜って感じられました(*´艸`*)
Commented by zbjsower at 2017-10-18 19:55
pureblissさん

Fuhの体重は10.5kgくらいかなあ~と思います。服や靴をがっつり着込むとどのくらいになるのでしょうか。
持ち運ぶカメラや水や食糧や着替えなどもろもろで、たぶん15kg以上20kg未満くらいなのかな?と思います。
腰を傷めてしまってから、10kgのダイエットをしたので、重量10kg分はアドバンテージがあるはず!と、単純に思っていましたが、なかなか現実はそう甘くはないですね^^;
確かに、まだまだ先が長いので、無理をしないように注意しなきゃですよね。
登山はまだ始めて間もないのですが、好きですねぇ~(笑)
写真は登山を始めてから再燃した感じですが、メインカメラを持たずに山を登ろうとは思わないですね(笑)
ただ、好きな登山も、体力的にも限界はあるので・・・天候や季節なんかを考えると、もうこの景色は二度と見られない景色かも知れないと、山を歩きながら思うようになって来ました。
うれしく、やさしいお言葉、ありがとうございます。
とっても励みになりました^^
Commented by chocoyan2 at 2017-10-18 22:04
こんばんは(^^)
磐梯山、、、昨年登りましたが
こんなに素晴らしい天気ではなかったので
いいなぁって思いながら拝見させていただきました♪
頂上では雲で何も見えなかったんですよ(^.^;

腰の方は大丈夫ですか?
私は一人でもゼーゼーハーハーしながら登っているのに
ヘルニアを患いながらもFuhくんを背負って登るのは
すごいと思います。
お気をつけ下さいね(^^)
Commented by zbjsower at 2017-10-19 08:05
chocoさん

昨年登られたのですね!
同じコースだったのでしょうか。
山ってホント、季節や天気で全然違って見えますよねぇ
頂上は何も見えない・・・アルアルではありますが、残念でした;;
ちょっと写真枚数が多いので数回に分けて書きますが、この日はお天気に恵まれて、頂上についた時まで晴れてくれていました。
その後下山時は曇ってしまったので、ラッキーだったなあ~と思います。

ここはなかなかしんどかったですねぇ
子連れはやっぱり大変です^^;
ありがとうございます。
by zbjsower | 2017-10-17 04:45 | 子連れ登山 | Comments(6)

Where will we go today


by Hide
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30