初秋の赤城山 過去の自分の背中は遠く

c0369219_20385117.jpg

初秋の赤城山は、清々しく美しい展望に恵まれ、気持ちの良い山歩きでしたが、

2年前の私の姿があまりにも遠くに感じる登山となりました。






↑Data:Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/200sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

2017年9月14日(水)

Fuhと2人、駒ヶ岳の山頂に立って、その景色を楽しんでいた矢先、

突然の妻からの電話で、早急な下山が求められるようになってしまった私たちです。


「Akiを病院に連れて行きたいから早く帰ってきて~!」という事ですが・・・

今朝からAkiが39度の高熱が出ていて、風邪のような症状で、

今は少し落ち着いて来ているけれど、病院が開いている時間に連れて行けるように早めに帰ってきて欲しいという内容でした。


元々そんなに遅くまで登山をするつもりではなかったのですが、思っていたよりも時間がかかっていて、

ここまでの道のりは、標準タイムでは2時間40分のところ、約3時間45分もかかってしまっているので、

あまりのんびりともしていられません。









c0369219_22301259.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/250sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

Fuhをキッドキャリーから下ろして遊ばせるという余裕も無いので、駒ヶ岳からの展望を眺めるだけで済ませました。









c0369219_22551072.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/9 1/100sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

カルデラ湖の大沼の方は、木々に遮られていましたが、こんな感じで覗く事が出来るようになっています。









c0369219_22513350.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/250sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

これから進んでゆく方向の右手には、アンテナ山の地蔵岳が見えていました。

9:29。

さあ、下山開始です。









c0369219_23041621.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/250sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

駒ヶ岳からの下り道は、東側の展望が素晴らしく、気持ちのいいトレイルが続きます。









c0369219_23063834.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/10 1/125sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

ああ~・・・

伸び始めているススキの姿に、山の初秋を感じさせられますね。









c0369219_23090064.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/200sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

やっぱり山はいいなあ~と、その感動に浸りながら、美空のお山を歩き続けました。









c0369219_23142766.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/160sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

9:44。

そんな展望に恵まれた尾根歩きも終了となり、ここから樹林の中へと入って行く事となります。









c0369219_23173859.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/13sec ISO160 15mm (Click to enlarge)

森の中へ入ると同時に、鉄の急階段が続く下り道となりました。









c0369219_23194837.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/15sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

階段道が延々と続く森の中、だんだん私の足も悲鳴を上げ始めます。

膝を痛めてしまわないように、慎重に慎重に下りますが、こんなにもしんどかったっけ?と思う下山道。









c0369219_23240348.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/5.6 1/15sec ISO125 15mm (Click to enlarge)

2年前の私は、同じようにAkiを背負ったまま、

この後さらに沼を2つ回って山を2つ登って帰っている事を思うと、あまりにも今の自分との隔たりを感じてしまいます。


ヘルニア手術後、私なりに登山に復帰出来るよう頑張って来たつもりでしたが、

以前の私も、その時その時を精一杯頑張っていたんだなあ~という事を、しみじみと思わされました。









c0369219_23353939.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/15sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

さあ、ようやく車道が見えてくるようになって来ました。









c0369219_23372792.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/25sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

10:25。

やっと駒ヶ岳登山口にたどり着き、森の中を抜け出ます。

これから後は、駐車場までなだらかな車道を歩いてゆくだけなので、ホッとしますね。









c0369219_01173241.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/250sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

途中で大沼にも立ち寄って、そこからの景色と登山の余韻を楽しみながら、ゆっくりと歩いてゆきます。









c0369219_23474772.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/250sec ISO100 24mm (Click to enlarge)

大沼の岸辺からは、今朝登った黒檜山が見えていました。

写真真ん中辺りにある岩肌が見えている場所が”猫岩”ですが、どう見れば猫なのかは今ひとつ分からずです。









c0369219_23531978.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/200sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

反対側にはアンテナ山の地蔵岳がよく見えています。

2年前は、Akiを背負ったまま、さらに山を越えてあの地蔵岳まで登って回ったのですが、

もう限界を感じている今の私とはあまりにも違いすぎるので、まるで遠い昔のように感じてしまいました。









c0369219_00003853.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/250sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

そしてこれは、赤城神社の赤い橋(啄木鳥橋)。

渡って神社へお参りに行きたいところではありますが、疲れもあるし帰りを急ぐ身なので今回は素通りします。









c0369219_00055887.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/200sec ISO100 30mm (Click to enlarge)

赤城山の案内図があったので、参考になればと写真に収めておきました。









c0369219_00071249.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/25sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

さあ、後は車道を進んでゆくだけです。









c0369219_00083998.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/30sec ISO100 30mm (Click to enlarge)

ほぼ満車状態になっている、ゴールの駐車場が見えてきました。









c0369219_00101306.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/2.8 1/250sec ISO100 24mm (Click to enlarge)

そして10:59。

ようやくゴールとなりました。









c0369219_00123366.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/2.8 1/1600sec ISO100 24mm (Click to enlarge)

昨年ヘルニアを患ってからというもの、子どもを背負っての初めての本格登山という感じでしたが、

短い登山時間の中、色んな事を感じたり思ったり考えさせられた、ぎゅぎゅっと密度のある時間を過ごせた気がします。


最後は過去の自分の背中を追うような気持ちにもなった登山でしたが、現在の自分の体力が分かったのは良い事かも知れません。


そして何より、やっぱり山はいいなあ~~~っ!と、つくづく感じた登山でした。

幼いFuhはどんな風に感じたのかな?


重い足はすっかり疲れ切っていましたが、心は軽く晴れやかで、

心地の良い満足感に浸りながら、家路に就いた私たちでした。









c0369219_00403157.jpg

【GPSデータより】
時刻:出発05:37 到着10:59
合計時間:5時間22分(休憩時間含む)
合計距離:8.59km
標高:最高点1828m 最低点1343m
累積標高:上り563m 下り564m









Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD


© 2017 Full of LIFE 当ブログの内容及び掲載されている写真・画像の無断複写転載等の利用・使用はお断りしています。

Commented by kouki-ai at 2017-10-07 21:24
おつかれさまでした~!
やはり2年は大きいんですかね・・・。
ヘルニアの影響もあるかと思いますが・・・
でも挑戦し続けるHideさんの姿はかっこいいし、
それだけ山が好きなんだな~というのも伝わってきます!
すすきと太陽ピカーンのお写真いいですね♥
Commented by zbjsower at 2017-10-07 23:17
aiさん

思えば、当時も色々と段階を踏んで、徐々に山歩きが出来るように身体を作っていたんですよね。
我ながら過去の自分も頑張っていたんだなあ~とも思いました。
また最初のころからやり直しかなあ~という感もありますが、ヘルニアの事もあるので、かなり慎重にやっていかないとですね・・・
このために、体重を落としたりなど頑張ってきましたが、まだまだ先は長そうです^^;
かっこいいとは、ちょっとこそばゆい気がしますが^^;ありがとうございます!
これからも出来る範囲ですが、精一杯頑張って行きたいです。
by zbjsower | 2017-10-07 00:55 | 子連れ登山 | Comments(2)

Where will we go today


by Hide
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30