初秋の赤城山 駒ヶ岳へ

c0369219_15383778.jpg

赤城山「駒ヶ岳」へと向かうルートは、下ったり上ったり。

鈍った足は悲鳴を上げそうになっていましたが、広がる絶景を眺めながらの気持ち良い山歩きとなりました。






↑Data:Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/200sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

2017年9月14日(水)

「黒檜山」の山頂で、Fuhと2人で幸せなひと時を過ごした後、私たちは次なる目標「駒ヶ岳」へと向かう事にします。

私の体調をはかりつつの今回の登山ですが、最短コースだとこのまま下山という事になるのですが、

まだ行けそうだと感じたら、駒ヶ岳を回って1周する予定でした。


ちなみに、2年前に訪れた時には、「黒檜山」→「駒ヶ岳」→「覚満淵」→「長七郎山」→「小沼」→「地蔵岳」→「赤城神社」と・・・

Akiを背負って約13kmの道のりを歩き回っているので、我ながらよく歩いたものだと感心します。









c0369219_16143662.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/160sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

さて、Fuhを背負って8:25に黒檜山山頂を発ち、わずか3分で見えてきたのは、この大きな鳥居。









c0369219_16174230.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/100sec ISO100 26mm (Click to enlarge)

堂々とした佇まいを見せているのは、「黒檜大神」です。









c0369219_16203251.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/200sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

ここからの眺めは南西側が開けていて、頂上にアンテナがある「地蔵岳」とその横には「小沼」が見えていました。









c0369219_16241366.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/30sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

黒檜大神からは、どんどん下りの道が続きます。

しばらく進むと、「絶景スポット60歩」という案内が出ていたので、ちょっと寄り道をしてみる事にしました。









c0369219_16265338.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/200sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

絶景スポットの場所は、イマイチ判別つきませんでしたが、この辺りになるのでしょうか。

東南側の展望が覗けるようになっています。









c0369219_16284581.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/250sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

そして、地蔵岳と小沼が見える展望が広がっています。

なるほど、黒檜大神から眺める展望より、少し開けて見えるかも知れませんね。









c0369219_16322102.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/15sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

さらにどんどん下って行きます。

下りは階段が整備されたりしていますが、なかなかの急坂なので、膝を痛めないように慎重に下らなければいけません。









c0369219_16333171.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/100sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

すがすがしい青空の下、一足早い秋の気配も感じる事が出来ました。









c0369219_16373993.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/200sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

アンテナのある地蔵岳と小沼の左手前に、ぽっこり見えている山が、これから向かう駒ヶ岳です。

はぁ~・・・まだまだ遠いなあ~









c0369219_16403993.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/200sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

疲れてきた私の足取りは重いですが、この日は東側に見える展望がとっても美しく感じました。









c0369219_16450905.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/250sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

これぞ山歩きの醍醐味だなあ~と感じる素晴らしい景色に恵まれて、

足の重さとは裏腹に、心は軽くウキウキと、小躍りしたくなる気分です。









c0369219_18241337.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/200sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

う~~んっ!!

とっても気持ちのいい眺めのトレイルです。









c0369219_18294402.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/125sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

道ゆく途中で振り返り、黒檜山からの道のりを改めて見返しました。

随分下って来たんだなあ~と感じます。









c0369219_18340343.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/160sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

9:07。「大タルミ」に到着。









c0369219_18355447.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/200sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

さあ!ここからあの駒ヶ岳へと向かって、登って行く事になります。









c0369219_18380458.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/13sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

駒ヶ岳への登り道は、樹木に覆われた急坂が続いていました。









c0369219_18402511.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/15sec ISO200 15mm (Click to enlarge)

山頂に向かう最後の階段。

Fuhを背負った身体は重く、一歩一歩と持ち上げる足が重く感じます。









c0369219_18432407.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/13 1/200sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

そして9:23。

ついに「駒ヶ岳」山頂(標高1685m)へと辿り着きました。









c0369219_19033569.jpg
Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD ■f/8 1/320sec ISO100 15mm (Click to enlarge)

まずは、南側に開ける展望を眺めながら、気持ちのいい山の空気を満喫する私たち。

山頂広場には他の人も居たので、声を出すのは憚られましたが、大声で叫びたくなるような気持ち良さです。



ところがここで不意に、私の携帯が鳴り響き出しました。



おや?こんな時間に、パートに行っている妻からだけど、休み時間にでも電話くれたのかな?

なんて思いながら電話をとってみると・・・



Akiが今朝から39度以上の熱を出していて、幼稚園も休ませたし、妻もパートを休んだという事で・・・

「病院に連れて行きたいから早く帰ってきて~!」

という内容の電話でした。



そうなのです。

ウチは車が無いと実に不便な場所なので、私たちが帰らないと病院にも連れて行けないという状況なのでした。



なんとまあ・・・

ここは埼玉から遠く離れた、群馬県のお山のてっぺん。

早く帰ってと言われても、そう直ぐには帰れません。



この1本の電話によって、

山頂での夢心地のような感動を味わっていた私は、あっという間に現実世界に引き戻されてしまったのでした。









NEXT>>>











Canon EOS 5D Mark II +TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD


© 2017 Full of LIFE 当ブログの内容及び掲載されている写真・画像の無断複写転載等の利用・使用はお断りしています。

Commented by snowdrop-rq at 2017-10-05 22:10
素晴らしい眺めですね♪
それにしても、Fuh君を背負ってらっしゃるんですよね(^^;
想像するだけで気が遠くなりそうです(笑)

Commented by zbjsower at 2017-10-06 08:14
snowdropさん

気持ちのいい眺めのよい登山でした^^
足元が悪いのでずっとFuhを背負っての山歩きでしたが、すれ違う人みんなに驚かれていました^^
特に後ろから見ていると、大きなザックを背負っている風にしか見えないみたいですね^^
Commented by aozoracafe123 at 2017-10-06 19:32
こんにちは☆
太陽の光がさんさんと降り注いで、
最高の風景ですね。
きんとん雲のような雲も素敵です。
やっぱり山登りはいいですね。
Commented by zbjsower at 2017-10-07 01:11
かっきーさん

この日はお天気に恵まれました^^
やっぱり山歩きは晴天がいいなあ~と思いますね。
きんとん雲どれどれー?って探しちゃいましたよ(笑)
改めて登山って楽しいなあ~と感じた日でした。
by zbjsower | 2017-10-04 19:59 | 子連れ登山 | Comments(4)

Where will we go today


by Hide
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30