白いガスと深い青空の大展望 蓼科山

c0369219_07150361.jpg


目まぐるしく青と白の世界が入れ替わる、吹き荒れる凍てつく風の中の白い山頂。

薄化粧の蓼科山は、ガスの合間に深い青空が広がる壮大な展望を見せてくれました。










2015年1月10日(日)

昨年から行ってみたいと思っていた雪山、長野県八ヶ岳の北端にある蓼科山(百名山)に、単独で登ってみる事にしました。


c0369219_07375975.jpg

登山口のすずらん峠に着いたのは、辺りはまだ真っ暗な朝5時50分頃。


空には無数の星がまたたいていて、あまりにも綺麗だったので車の屋根にカメラを置いて撮ってみます。

しかし、思ったほどは上手く撮れないので、星空を撮るのは難しいんだなあ~と、ため息が出ます。









c0369219_08001004.jpg

さて、明るくなるのを待ってから準備をして、6:49にすずらん峠園地駐車場を出発です。


さすが日曜日ですね。早朝なのに結構人が来ていて、この山の人気をうかがわせていました。

異常気象という人もいるくらいの暖冬ですが、この時気温は-7℃なので、寒さに慣れていない私には既に十分寒かったです。









c0369219_08164014.jpg

登山口は、駐車場から少し下った所にありました。


バス停が登山口なんて、何だか面白いなあ~









c0369219_21292716.jpg


まるで燃えているかのような朝日に迎えられながら、薄く積もった雪の道を進んでいきます。









c0369219_21332853.jpg


序盤から凍結している登山道。









c0369219_21413592.jpg


ここぞとばかりに、ミラージュGTXに合わせて買った、下ろしたての12本爪アイゼンを履いてみました。


実際はチェーンスパイク等の軽アイゼンで十分なシチュエーションなんですけどね。









c0369219_21495664.jpg


雪の凍結と岩肌が見えてゴツゴツしている、歩きにくい登山道が続きます。









c0369219_22143099.jpg


急坂を登りながら振り返ると、南アルプスから中央アルプスが広がる大展望が開けていました。


一年前に登った入笠山は全く雪が無く、スキー場だけが白い筋を描いているのが何だか痛たたましい感じがします。

今年は本当におかしいくらいの暖冬ですね。









c0369219_22275917.jpg


八ヶ岳の雄姿は、雲に覆われて見えません。









c0369219_22342161.jpg


幸徳平。

だんだん雪も深くなって来たかな。









c0369219_22402922.jpg


8:45。

この辺りからやっと木々に霧氷が見られるようになってきました。









c0369219_22450980.jpg


だんだんガスに覆われ出すと共に、幻想的な霧氷の世界が広がり始めます。









c0369219_22574927.jpg


白く覆われた空は、風に吹かれて時折深い色の青空を見せてくれます。

その光り差す一瞬がとても綺麗でした。









c0369219_23032547.jpg


振り返れば大展望が見えるはずなのですが、ガスに遮られてほぼ真っ白なのが残念です。









c0369219_23104928.jpg


9:24。

森林限界が見えてきました。









c0369219_23164638.jpg


森林限界を超えると、凍てつく風が吹き荒れるゴツゴツした岩だらけの登山道に。

一気に体温が奪われていきます。









c0369219_23203185.jpg


振り返ると、遠くには木曽駒ヶ岳などの中央アルプスや、北アルプスの乗鞍岳、さらには御嶽山などの山々が広がっていました。


手前にある車山は、雪がスキー場だけにしかない無残な格好となっています。









c0369219_23324178.jpg


早くも下山してくる人達。


山頂は寒くて居られないという事でした。









c0369219_23345860.jpg


案内標識も凍り付いています。









c0369219_23364184.jpg


モンスターは、ここにいる小さな3匹だけのようですね。









c0369219_23394132.jpg


深い青空の向こうに見える、白い頂が連なる中央アルプスが美しい。









c0369219_12250824.jpg

山小屋(蓼科山頂ヒュッテ)が見えて来ました。









c0369219_12420091.jpg

ヒュッテ近くから、山頂に向かう道が指示されています。









c0369219_12452829.jpg

山頂までもう少し!









c0369219_12465444.jpg

9:51、蓼科山頂(標高2530m)に到着です。









c0369219_12502423.jpg

最高点の一等三角点。

だだっ広い山頂は、強風で雪が舞い飛ぶ、凍えるような寒さでした。









c0369219_12553094.jpg

最高点で記念撮影です。









c0369219_12585918.jpg

それにしても広い山頂ですね。









c0369219_13592219.jpg

山頂の中程には社があり、その遥か先には方位盤があるようです。









c0369219_14050232.jpg

蓼科神社奥社。









c0369219_14120078.jpg

そして方位盤。









c0369219_14135690.jpg

吹き荒ぶ凍るような強風に向かい、方位盤前の大展望を見下ろします。


相変わらず、遠くに見える中央アルプスの雪の屋根が、一際白く目立っていました。









c0369219_18412902.jpg


セルフタイマーでカメラをセットし、だれも居ない山頂で、この大絶景を独り占めです。









c0369219_17503467.jpg

強風で目まぐるしくガスが流れて、数秒の間に白と青が入れ代わり立ち代わり広がる大展望。








c0369219_14331999.jpg


身体がどんどん冷え切って行くのを忘れて、しばらくの間、その感動の風景を味わっていました。









c0369219_14521915.jpg

山頂の風景を堪能した後は、蓼科山頂ヒュッテに向かいます。









c0369219_15415250.jpg

ヒュッテ前にある周辺案内図。


何故かその上にある鯉のぼりが可愛らしい。









c0369219_15583745.jpg

ヒュッテ先からの北東の眺めです。


眼下の前掛山から、その先には昨年登った浅間山などが見渡せました。









c0369219_16042094.jpg

青空にキラキラと雪が舞い上がっています。









c0369219_16072298.jpg

休業中のヒュッテ近くで軽く食事を摂ろうかと思いましたが、風が強くあまりにも寒いので諦めました。









c0369219_16095693.jpg

広い山頂に到着してから、気が付くと40分近くも滞在していたのですが、名残惜しくもそろそろ下山開始です。









c0369219_16164253.jpg

八ヶ岳の方向は、結局雲が晴れずに姿を見せぬままでした。









c0369219_16194482.jpg

だんだん人が多くなってきた登山道を下って行きます。









c0369219_16214276.jpg

悔しい事に、下って行くうちにガスが晴れて、次第に見晴らしが良くなってきました。


お腹が空いて仕方がないので、この辺りで座り込んで、広い景色を眺めながら軽く食事を済ませます。









c0369219_16281673.jpg

さらに下って行くと、八ヶ岳も雲一つなくバッチリ見る事が出来ました。


う~ん・・・これはちょっと登る時間が早かったかなあ~ すっかり晴天になった空を見上げながらそんな事も思いましたが、

やっぱり朝一番じゃないと見られない景色もあっただろうから、これはこれで良しかな。









c0369219_16331329.jpg

さらにどんどん下りていくと、登山口である女ノ神茶屋が見えて来ました。









c0369219_16353389.jpg

後は車道に出て、ビーナスラインを少し上ればゴールとなります。









c0369219_16370407.jpg

そして12:29、すずらん峠園地駐車場に到着です。


いやあ~ 楽しかったあ~

コースも程々でキツ過ぎるという事も無く、山頂の別世界のような大絶景が素晴らしかったです。









c0369219_16442920.jpg

今回は暖冬の影響で薄化粧の蓼科山でしたが、また機会があれば、今度は雪深い蓼科山にも登ってみたいなあ~と思いました。


また是非とも訪れたいと思う、想像以上に素晴らしい山でした。









c0369219_16513435.jpg

【GPSデータより】

時刻:出発6:49 到着12:30
合計時間:5時間41分(休憩約20分を含む)
合計距離:6.62km
標高:最高点2530m 最低点1722m
累積標高:上り852m 下り851m









撮影機材:CANON EOS 5D Mark II +SIGMA 24-35mm F2 DG HSM | Art











by zbjsower | 2016-01-15 17:10 | 長野県の山 | Comments(0)

マイペースな家族登山などの山行記録 &子供たちと お出かけや日常の出来事など


by Hide
カレンダー