初秋の奥多摩 御岳山~大岳山~ロックガーデン そして安産祈願

c0369219_13404903.jpg

2015年9月30日(水)の山行記録です。


チビを背負って、久しぶりに奥多摩の御岳山~大岳山に行って来ました。












c0369219_13445802.jpg

御岳山ケーブルカーの滝本駅にある駐車場に着いたのは7:00。









c0369219_13535394.jpg

平日という事もあってか、駐車場はまだガラガラでした。

駐車料金(後払い)は値上がりしていて、1日1400円。ちょっとお高い感じがしますね;;









c0369219_13544201.jpg

ケーブルカーの始発は7:30なので、ゆっくり準備をして備えます。

ちなみに運賃は、往復1110円です。









c0369219_13583375.jpg

そして、時刻通り7:30にケーブルカーにて出発。

歩くと1時間かかる標高差424mを、一気に6分で登ってしまいます。


この間の道は、面白くない舗装された車道の坂道なので、特別な理由が無い限りさっさとケーブルで登ってしまう方がいいですw









c0369219_14114286.jpg

御嶽山(御岳山)駅に着きました。


ちなみに御岳山(みたけさん)は、噴火事故のあった御嶽山(おんたけさん)とは読み方が違います。


都内からのアクセスの良さと、手軽なハイキングコースがあるという事で、登山の初心者にはお勧めの山となっているようですね。









c0369219_14145613.jpg

さて、御岳山駅前には御岳平という広場があります。









c0369219_14162283.jpg

御岳平からの、気持ちのいい眺め。


今日は秋晴れの良い天気で、遠くには筑波山がよく見えていました。

写真右端にはスカイツリーもハッキリと写っています。









c0369219_14202095.jpg

そして、ここからが今日の山歩きのスタートです。(7:42出発)









c0369219_14292273.jpg

御岳山の案内図。


今日はまず、武蔵御嶽神社(御岳山山頂)に行き、その後、奥多摩三山の一つである大岳山(二百名山)まで足を延ばし、

ロックガーデン(岩石園)を経由して戻ってくるという計画です。









c0369219_14523357.jpg

参道の御師集落の中で咲くピンクの花が、秋晴れの青い空に映えていました。









c0369219_14565789.jpg

御嶽神社の大きな鳥居前。


手を洗って鳥居をくぐると、延々と階段が続いています。









c0369219_15002729.jpg

長い階段を登って行くと、ようやく神社の建物が見えてきました。









c0369219_15051430.jpg

階段を登り切ると、立派な武蔵御嶽神社の姿が見えるハズだったのですが・・・修復工事中という事で、ちょっと残念でした;;









c0369219_15140980.jpg

神社両脇に控えている、立派な大型の狛犬です。









c0369219_15172424.jpg

御嶽神社の中には、その眷属であるという狼(大口真神)を祀ってあり、おいぬ様として広く信仰されているという事ですが、

近頃ではそのおいぬ様にちなんで、ペットの犬を連れてお参りに来る人が多く賑わうようになっているようです。









c0369219_15345802.jpg

御嶽神社前(御岳山)からの眺めです。


東京都心の向こうに見える、遙か遠くの光る海が印象的でした。









c0369219_15390817.jpg

神社の横から奥に行こうと覗いてみましたが、9時開門という事で進むことは能わずです。









c0369219_15413634.jpg

東京湾の海が見える景色を見ながら、ちょっと休憩する事にしました。









c0369219_15433200.jpg

赤いもみじが、朝の斜光で輝いています。


(その後も、秋らしい景色がどこかで見られるかと期待していたのですが、紅葉が見れたのは結局これだけでした。)









c0369219_15551029.jpg

神社の横にある宝物殿。


何が入っているんだろと思いつつも休憩を終え、神社を後にして大岳山に向かって出発です。(8:21)








c0369219_15585332.jpg

御嶽神社から少し下りていくと、長尾平という分岐に。


この茶屋の先を行くと展望台があるのですが、そのまま大岳山の方面に進んで行きます。









c0369219_16030631.jpg

道中にある、樹齢推定350年という「天狗の腰掛け杉」。


なるほど~ 天狗が腰掛けていそうな、変わった枝の形ですね。









c0369219_16104208.jpg

しばらくは歩きやすい登山道が続きます。









c0369219_16115973.jpg

滑落注意の看板がある場所。

冬場で凍結したりすると、ちょっと要注意なのかもしれないです。









c0369219_16182744.jpg

御岳山から1時間40分ほどで、廃屋になっている大岳山荘がある場所に着きました。









c0369219_16221597.jpg

ここでちょっと一休み。


チビは、見よう見まねでトレッキングポールを使っているようですw









c0369219_16281108.jpg

さて、大岳山荘から少し上がった所の鳥居の向こうに、小さな神社が見えてきます。









c0369219_16315235.jpg

大岳神社です。


こんな山奥の神社だから仕方ないのかもしれませんが、ちょっと悲しいくらいのボロさですね;;








c0369219_16392106.jpg

神社の両脇にある、小さな小さな狛犬。









c0369219_16432764.jpg

立派だった大きな御嶽神社の狛犬とは対照的な、あまりにも小さなかわいい狛犬でした。









c0369219_16462350.jpg

ここからは、山頂までの急坂が続きます。









c0369219_16480902.jpg

途中からは、よじ登るようにして登って行く岩場も出て来ました。









c0369219_16500536.jpg

この岩場の連続は、小学生ならなんとか進めるかもですが、小さな幼児にはちょっと無理がある場所のように思います。









c0369219_16551189.jpg

そして10:35、大岳山山頂(標高1266m)に到着しました。









c0369219_16573877.jpg

山頂からは、気持ちのいい秋空の下、山並みの向こうに富士山がクッキリと見えています。









c0369219_12365388.jpg

山頂で、お楽しみの食事休憩。


キッドキャリーでは、あまり荷物は運べないので、食事はおにぎりとパン類とジュースくらいです。

それでも、山で食べるごはんは格別ですね~。




ちなみに、食料以外にキッドキャリーには・・・私のレインウェア上下&ウインドブレーカーと、

チビのレインポンチョ&着替え一式(下着・靴下・長袖シャツ・半袖シャツ・ズボン)と、帽子、紙おむつ3個、お尻ふき等と、

レジャーシート、非常食(菓子含む)、水500ccペットボトル×5本、キャリー用レインカバーといった物が詰め込んであります。


これに、ランバーパックにはカメラがあるので、チビを合わせて総重量は20kgくらいでしょうか。

結構ずっしりとくるものがあります。









c0369219_13125373.jpg

遊びながらのんびりしていると、山頂には続々と人がやって来て、休憩する人達でだんだん賑わってきました。


夏のように日差しが暑すぎる事も無く、冬のように冷たい風にさらされることも無く、この季節は本当に山の上が気持ちいいです。









c0369219_13162811.jpg

ゆっくり休憩した後は、ポーズをキメてしっかり記念撮影もしたしw、これで大岳山からは下山する事にしました。(11:23)









c0369219_13460706.jpg

1時間余り、来た道と同じコースでどんどん下って行き、分岐をロックガーデン(御岳岩石園)へと入って行きます。(12:17)









c0369219_14131097.jpg

ロックガーデンに入ってすぐに、眼下に”綾広の滝”が見えてきました。










c0369219_14361592.jpg

綾広の滝は、古来より御嶽神社の禊(みそぎ)の神事が行われることから「修行みそぎの滝」とも言われているそうです。









c0369219_14372955.jpg

そして、苔むすロックガーデンの中を進んで行きます。









c0369219_14391944.jpg

川の流れる音が心地よく響く森の中、木漏れ日の光が、緑の苔や透き通った川の水を輝かせていました。









c0369219_14582688.jpg

ちょっと美しく表現すると、まるでエメラルドグリーンの世界といった感じでしょうか。









c0369219_15012539.jpg

ここが東京都だという事を忘れてしまいそうになる、水と岩と苔と緑に包まれた森の中です。









c0369219_15052271.jpg

マイナスイオンたっぷりの、森の中の苔むす水辺歩き。


もうすぐ木々が色づき始めて秋の紅葉に包まれると、また違った素晴らしい趣になるんだろうなあ~と思います。









c0369219_15353576.jpg

ロックガーデンに入ってから40分くらい歩き続けると、大きな岩がそびえ立っている”天狗岩”が見えてきました。









c0369219_15390049.jpg

大岩の上には天狗様が祀られていて、鎖を伝ってよじ登って行く事が出来るのですが、チビを背負っていては厳しいものがあり・・・

無理は禁物なので、今回は諦める事にしました。









c0369219_15484726.jpg

そして、天狗岩の横からの急斜面を、延々と続く鉄階段やロープなどを使って下って行きます。









c0369219_15521294.jpg

だんだん水音が大きくなってくる斜面を下りきった先には、まるで秘境のような趣の滝が現れました。









c0369219_15584601.jpg

七代の滝(ななよのたき)です。


七段の小さな滝が連なって合計落差約50mになるという滝のようですが、大きさや迫力は無いものの、雰囲気が静かで神秘的。

さらには、冬になると滝全体が氷の柱になるという事なので、その美しい姿もいつか見てみたいものです。









c0369219_16173729.jpg

キッドキャリーでうたた寝していたチビも、七代の滝の冷たい綺麗な水に触れて、すっかり目が覚めたようです。


30分近くここで休憩していましたが、足場があまり良くない中、水を触らせろというチビの要求に応えるのは大変でしたw









c0369219_16413863.jpg

さて、あまりゆっくりもしていられないので、七代の滝を後にして出発します。









c0369219_16441611.jpg

七代の滝でロックガーデンは終了し、登山道へ合流する為に登り返しとなりますが、

綾広の滝から七代の滝まで延々と下って行った標高差約180mを、ここで一気に巻き返すために、なかなかの急坂が続きます。









c0369219_17125783.jpg

14:02、ようやく長尾平の分岐まで登りきりました。


後は、往路で来た道を御岳山駅に向かって戻って行く事になります。









c0369219_17192847.jpg

朝来た時は開いてなかった、売店や食事処が並ぶ参道が続きます。









c0369219_17582013.jpg

そして14:23、御岳山駅が見えてきました。



しかし、今日はこれで終わりではありません。









c0369219_18105284.jpg

まだ紅葉も無い中途半端なこの時期に、あえて御岳山に来たのは、

御岳山駅のすぐ上にある小山(富士峰公園)の、”産安社(うぶやすしゃ)”にお参りしたかったからなのです。



富士峰公園の展望台は、通常ならリフトで簡単に行けるハズなのですが、今日は人が少ない為か休業中。









c0369219_18251255.jpg

裏に回って階段を登って行きます。









c0369219_18305741.jpg

5分程で富士峰公園の展望台に到着しました。


秋雲が広がる展望台からの景色には、大きな日の出山の向こうに、うっすらと東京都心の街並みが見えていました。









c0369219_18505377.jpg

そして、展望台から少し上がった所に、こじんまりと鎮座しているのが産安社の社殿です。


「子授け・安産・良縁・長寿祈願&パワースポット」という謳い文句なのがこの産安社。









c0369219_19042414.jpg

その理由は、社殿の傍にある御神木にあるのです。



”子授檜”(こさずけひのき)

●子授け・男女和合
二股に開かれた根元と、そこへ突き刺さる幹は、男女和合のしるしとされています。
又、右上の勾玉型のコブは子宝を表していると言われ、子宝を祈願しながら幹のコブを、男女の末永い和合を祈念しながら根元や幹を軽くおさすり下さい。









c0369219_19133841.jpg

”夫婦杉”(めおとすぎ)

●良縁・円満
ふくよかなコブが多く有る方が「おんなすぎ」もう片方が「おとこすぎ」と言われ、二本がつながり合って、仲睦まじく立っている姿から夫婦杉と呼ばれています。
二人手を繋ぎながら通るといっそう円満になり、また男性は女杉を、女性は男杉をさわりながら木の間を通ると良縁に恵まれると言われております。









c0369219_19181527.jpg

”安産杉”(あんざんすぎ)

●安産・長寿・繁栄
どっしりと力強く根を張る姿は長寿を表し、丸く包み込むように開かれた幹は安産を、その幹より別れ延びる数々の枝は子孫繁栄を表していると言われております。
長寿・安産・お子様のすこやかな成長を祈念しながら幹や根を軽くおさすり下さい。









c0369219_19221327.jpg

もちろん私たちは、次の子が安産で産まれてきますようにと、念入りに安産杉をさすって来ました。



実はここ、チビが産まれる時にもお参りに来た場所で、今回もその縁起を担いで御利益に与ろうという事なのです。









c0369219_19301363.jpg

ここで少しチビと戯れて過ごします。



少し含み笑いで企んでいる顔のチビの左手には、小石が握られていますが・・・









c0369219_19340594.jpg

これを、休憩している私の頭の上(帽子の上)に、パラパラと振り掛けるというw



笑いに包まれた、ほのぼのとした時間が過ごせました。









c0369219_19425078.jpg

さて、今日の目的は全て達成したので、最後に産安社に頭を下げて御岳山駅に向かいます。



どうか、無事に元気な赤ちゃんが産まれてきますように。。。









c0369219_19493223.jpg

そして富士峰公園の山を下って15:02、ゴールの御岳山駅に着きました。


次のケーブルカーの出発が15:21なので、少し時間をつぶしてからケーブルカーにて下山です。









c0369219_19534602.jpg

今日は何だか疲れました。ケーブルカーの先頭に立って、揺られているだけでも足がフラフラします。









c0369219_19564325.jpg

やがて、駐車場のある滝本駅が見えてきました。









c0369219_19584051.jpg

15:27、もう既に少し夕方の気配がし始めている駐車場に到着して、今日の登山は終了です。お疲れ様でした~








今回の山歩きは、約3ヶ月ぶりにチビを背負っての山行でした。


先週の唐松岳と比べると、ルートとしてはかなり楽なハズなのですが、今回は随分疲れた気がします。



子供を背負うというだけで、こんなにも疲労度が違うんだなあ~と、つくづく思い知らされたと同時に、

随分足が鈍ってしまったんだなあ~という思いがしました。



次の子が産まれても、家族みんなで山に行けるように、もう少し鍛えておかなければ・・・と思います。









c0369219_20130516.jpg

大岳山は、気持ちのいい山頂からの眺めと共に、御岳山ロックガーデンの森の中の渓谷を堪能出来るコースに恵まれていて、

比較的手軽に行ける場所なのに、奥多摩の山の魅力がいっぱい詰まった素敵な場所だなと、改めて思わされました。



私が山歩きを趣味として始めて3年足らずで、5回も訪れているという事実が、その魅力を物語っていると思いますね。









c0369219_20272470.jpg

【GPSデータより】
合計時間:7時間20分(休憩約2時間10分を含む)
合計距離:10.69km
標高:最高点1266m 最低点727m
累積標高:上り805m 下り827m
※ケーブルカー利用時間及び距離は含まず









撮影機材:Canon EOS 5D MarkⅡ +SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art

by zbjsower | 2015-10-04 21:00 | 子連れ登山 | Comments(0)

マイペースな家族登山などの山行記録 &子供たちと お出かけや日常の出来事など


by Hide
カレンダー