夏のアルプス 木曽駒ヶ岳

c0369219_12544356.jpg
2015年8月12日(水)の山行記録です。


待ちに待った久しぶりの登山は、中央アルプス(長野県)の木曽駒ヶ岳となりました。











長患いをしていた足の痛みも、前回のストレッチングボードのおかげで急速に回復し、やっと山歩きが出来るようになったので・・・


今のうちに登山に行っておいたら?という妻の勧めもあり、真夏でも涼しい「木曽駒ヶ岳」に行ってみる事にしたのです。



夏の木曽駒ヶ岳なら、初心者にもお勧めの山らしいので、リハビリ登山には丁度いい感じかも、という事もありました。






さて、人気の山だし、お盆休み直前という事もあり、一応早めに家を出たのですが・・・



c0369219_14572515.jpg

早朝4時過ぎに、駒ヶ根の「菅ノ台バスセンター」駐車場に着いた時には、もう既に長蛇の列が出来ていました。


マイカー規制のため、ここより先はバスにてロープウェイ駅まで向かう事になるのです。



バスの始発が5:15なのに、1時間前でこの状態とは!! 正直甘く見ていました@@;









c0369219_15425851.jpg

始発前の5時から臨時便が出る事になりましたが、なかなか列は消化していきません。









c0369219_15500585.jpg

そしてやっと、臨時便3便目でバスに乗れる事になりました。



ちなみに、バス+ロープウェイ往復で3,900円。さらに駐車場代が1日600円。


ちょっとしたテーマパーク入園料くらい掛かるんですねw









c0369219_15555514.jpg

ロープウェイ駅でも、しばらく並んで待つ事になりましたが、臨時便が9分間隔で運行してくれた為、思ったよりは早く乗れました。









c0369219_16204241.jpg

ロープウェイにすし詰め状態で乗りながらも、運良く窓際だったので、美しい連瀑の姿が撮れました。









c0369219_16331663.jpg

そして、7分で着いてしまう千畳敷駅が見えてきます。









c0369219_16352353.jpg

千畳敷駅は標高2,612mで、日本最高所駅。気温もこの時16℃という事で、季節を忘れてしまう涼しさでした。









c0369219_16385887.jpg

駅を降りて、すぐ目の前に広がっているのは、この「千畳敷カール」の光景です。


2万年前に氷河期の氷で削り取られたお椀型の地形だそうで、左手にある一際高いピークが「宝剣岳」となっています。









c0369219_16494466.jpg

登山道は、この駒ヶ岳神社の横から入るようになっていましたが、往きは遊歩道の方から回って行く事にしました。









c0369219_16540052.jpg

6:30、この遊歩道入り口から登山開始となりますが・・・









c0369219_17000201.jpg

朝焼けの空に、南アルプスと富士山がクッキリと姿を現す景色に、しばらく見とれてしまっていました。









c0369219_17042699.jpg

そして、遊歩道に入って千畳敷カールを臨みます。


手前に見えるのは剣ヶ池。透き通った綺麗な水の池でした。









c0369219_18102772.jpg

遊歩道から登山道に合流すると、途端に石だらけのダラダラした坂になります。


そして、そのまま千畳敷カールを登って行くルートになるのです。









c0369219_18144991.jpg

かわいい小さな高山植物が咲き乱れる、千畳敷カールを登って行きます。









c0369219_18172084.jpg

振り返ると、遠くに南アルプスと富士山を背に、千畳敷カールの遊歩道と千畳敷駅・ホテルが見渡せる景色が広がっていました。









c0369219_18233826.jpg

分かってはいましたが、人人人で渋滞する八丁坂。


コース中、傾斜が一番激しい場所のようです。(冬は雪崩注意との事・・・怖いですね)









c0369219_18283404.jpg

そして、千畳敷カールを登りきった場所である「乗越浄土」に着いたのは7:16。思っていたより早いペースです。









c0369219_18325716.jpg

東に連なる千畳敷カールの頂。(伊那前岳方向)









c0369219_18375759.jpg

北西の、赤い屋根の天狗荘の先には、駒ヶ岳に向かう途中にある「中岳」が見えています。









c0369219_18402522.jpg

南東には相変わらず、南アルプスと富士山が美しく浮かび上がっていました。









c0369219_18461349.jpg

ルートである宝剣山荘の方に向かいます。









c0369219_18481144.jpg

そして、宝剣岳への分岐が・・・


迷いましたが、行くならまだ人が少ないこの時間の方がいいかもしれないと思い、先に宝剣岳に行ってみる事にしました。









c0369219_18541225.jpg

宝剣岳へは、なかなか険しい道が続きます。









c0369219_18562574.jpg

鎖やロープを使って岩をよじ登って行きます。


親子連れで来ていた女の子が、怖くて行けない~;;と引き返すような場面もありました。









c0369219_19030904.jpg

おっ、ここが頂上手前かな?









c0369219_19050717.jpg

・・・っと、しかし足元の鎖のルートが怖かった。


うまく写真に撮れなかったのですが、右側は崖になっていて、ちょっと手や足を滑らせたら命が無いと思われます@@;





ここで行けないと、引き返す親子もいました。


確かに、こんな所で命を掛ける必要も無く、自信が無ければ引き返すのも勇気だと思います。


私自身も、こんな場所を歩くのは初めてなので、ブルブルと震えながら必死でしたw









c0369219_19191007.jpg

7:40、宝剣岳山頂(標高2,931m)に到着です。


この岩がてっぺんで、この岩の上に立ったりする人もいましたが、私にはとても恐ろしくて出来ません。









c0369219_00101270.jpg

宝剣岳から南東の景色です。左端には伊那前岳が見えています。









c0369219_00175429.jpg

南の景色。千畳敷カールの稜線が続いています。









c0369219_00222118.jpg

西北には、白くなっている山頂は火山灰でしょうか、どっしりとした御嶽山が見えています。









c0369219_01295866.jpg

そして何と言っても、朝焼け残る空に南アルプスと富士山が見える景色が圧倒的です。



山頂の岩上で身動きがままならない中、ああ~ やっぱり朝一番に宝剣岳に登って良かった~!!と、思いました。









c0369219_01424156.jpg

しばらく山頂で景色を堪能した後は、カメラウエストバッグをザックにしまい込んでから下山です。









c0369219_01453661.jpg

この後向かう中岳へのルートが見えます。


後で気がついたのですが、手前に見える青い屋根の宝剣山荘辺りに、ザックをデポして宝剣岳に登っている人も多く、

素直にそうした方が良かったなあ~と思いました。









c0369219_01505479.jpg

振り返って見る宝剣岳の雄姿。


冬だったら、とてもじゃないけど私は登れそうもないですね^^;









c0369219_01575235.jpg

さて、次は中岳に向かいます。









c0369219_01592958.jpg

石だらけの道を登っていきます。









c0369219_02023989.jpg

そして8:37、中岳(標高2,925m)に到着しました。









c0369219_02052891.jpg

中岳山頂はこんな感じ。









c0369219_02084912.jpg

千畳敷カールの稜線越しに見える、富士山の方向。









c0369219_02103592.jpg

先ほどの宝剣岳と、歩いて来た登山道が見えます。









c0369219_02122489.jpg

北側には、目的地の駒ヶ岳が見えました。


その下には水色の屋根の駒ヶ岳頂上山荘と、テントがいくつか見えるキャンプ場があります。









c0369219_02180591.jpg

中岳からいったん下った後は、駒ヶ岳に向かって最後の登りです。









c0369219_02244822.jpg

そして9:12、木曽駒ヶ岳山頂(標高2,956m)に到着しました。









c0369219_02280088.jpg

さすが百名山という、堂々たる360°ビューの山頂です。









c0369219_02490410.jpg

中岳の向こうに宝剣岳や千畳敷カールの稜線、さらに遠くには富士山の見える景色。









c0369219_02520047.jpg

眼下に頂上木曽小屋が見える西側の先には、御嶽山がどっしりと構えています。









c0369219_02545571.jpg

山頂にある駒ヶ岳神社の社殿。









c0369219_02564631.jpg

駒ヶ岳神社の社殿は、伊那と木曽と2つ安置されています。



広い山頂で、食事をしたりしながら1時間くらい、ゆっくりと景色を堪能して過ごしました。









c0369219_03045077.jpg

せっかくなので、iPhoneで記念写真を撮ってもらって、もう思い残す事は無し。


たっぷり景色を楽しんだ駒ヶ岳を後にします。









c0369219_03105895.jpg

これは中岳に向かう道で、帰りは同じコースで戻って行きます。









c0369219_03130830.jpg

中岳から千畳敷カールに向かいます。









c0369219_03144940.jpg

そして10:41、乗越浄土に着きましたが、このまま下りるのも何だか勿体ない気がしたので・・・


その先に見える、伊那前岳への稜線を歩いてみる事にしました。









c0369219_03182502.jpg

歩いてみると、思ったより距離があるようでした。


写真の右端に見えるピークが伊那前岳のようです。









c0369219_03204108.jpg

漢詩なのかな・・・?途中にある、勒銘石です。









c0369219_03271382.jpg

そして伊那前岳に着きました。









c0369219_03295362.jpg

11:05、伊那前岳山頂(標高2,884m)です。









c0369219_03320539.jpg

その先もなだらかな道が続いていて、その向こうには駒ヶ根の街並みが広がっていました。









c0369219_03355340.jpg

伊那前岳から千畳敷カールを見下ろします。


春にはスキー場になるらしいのですが、なかなか滑り応えがありそうですね。(スキーはしないのでよく分かりませんがw)









c0369219_03464307.jpg

そして長居するような場所でもないので、そのまま引き返す事にしました。


戻る途中、左から宝剣岳・中岳・駒ヶ岳が見えるショットです。









c0369219_03531261.jpg

乗越浄土まで戻ると、そのまま八丁坂で千畳敷カールを下って行きます。









c0369219_04010882.jpg

名残惜しい千畳敷カールの中を歩いて行き・・・









c0369219_04051242.jpg

そして12:06、千畳敷駅に到着で、今回の登山は終了です。









c0369219_06042965.jpg

駅に着くと、すぐにロープウェイの整理券をもらいましたが、既に1時間待ちという事でした。


そしてすぐにボードは埋まっていって、あっという間に2時間待ちに・・・これだけ人が多いと帰りも油断ならずです。







久々の今回の登山は、距離や時間は短いものの、なかなか充実したものになりました。


やはり人気の山は、人気があるだけの事はありますね。



雲が多い天気ではありましたが、素晴らしい景色を見る事が出来たし、アルプスの夏山を存分に堪能出来たと思います。


心配していた足の痛みも出る事も無く、また登山に復帰出来た事も嬉しかったです。









c0369219_06292723.jpg

【GPSデータより】
合計時間:5時間35分(休憩約1時間25分を含む)
合計距離:6km
標高:最低点2607m 最高点2956m
累積標高:上り435m 下り403m









撮影機材:Canon EOS 5D MarkⅡ +SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art

Commented by うるるんjr at 2015-08-22 23:17 x
こんばんは~
やぁ~、木曽駒ヶ岳・・・良い日に登りましたね。
朝5時前に到着しても長蛇の列・・・確かに人気の山なのが分かります。
kuroさんの山岳写真はどれも綺麗で羨ましいです。特に南アルプスが
遠景で写っているのは、なぜあんなに鮮やかに写るのだろうと、ちょっと
焼き餅に似たような感覚ですよw

 木曽駒は既に数回行った事があり、宝剣岳のあの岩の上にも登ったり、
その後反対側の極楽平経由で千畳敷に降りたこともあり、色々と楽しめる場所です。
なんと言っても、ロープウエイで標高が稼げるので子供連れでもOKですね。
お疲れ様でした。
Commented by zbjsower at 2015-08-23 11:40
うるるんさん
この日の天気は、曇り時々晴れといったところでしょうか・・・晴天という訳ではありませんでしたが、なかなかいい景色に恵まれたかもしれないですね^^;
朝の行列の写真は4:20です。2人組以上で来ている人は、チケットを買う行列とバスに並ぶ行列に分かれて効率よくやっていましたが・・・私は一人なので、チケットの行列後にバスの行列という事で、結構並びましたねw
写真はいつもRAWで撮って現像していますが、今回はいつもより、撮影時のイメージに合うように明暗やトーンカーブ等を微調整してみました。
木曽駒ヶ岳は何度も行かれてるのですね~
宝剣岳のあの岩にも上りましたか@@!すごいなあ~w
私には震えて出来そうもないので、もしかしたら高所恐怖症気味なのかもしれません。
極楽平経由でのルートも、今度は挑戦してみたいなあ。
by zbjsower | 2015-08-22 06:57 | 山・登山 | Comments(2)

Where will we go today


by Hide
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30