初夏の榛名山(掃部ヶ岳~榛名富士)

c0369219_21264447.jpg
2015年5月24日の山行記録です。

1歳8ヶ月のチビを背負って、チビと2人で群馬県の榛名山(二百名山)に行ってきました。


すっかり初夏の装いとなった榛名山では、新鮮な緑に包まれた森林浴を堪能する事が出来ました。












c0369219_21383632.jpg

朝早くチビと2人で出てきたつもりですが、スタート地点の榛名吾妻荘近くの無料駐車場に着いたのは5:10頃。

この季節、もうすっかり明るくなっていて、チビも元気に張り切っていますw









c0369219_21484456.jpg

2人分の準備に手間取り、出発は5:35となりました。









c0369219_21520663.jpg

国民宿舎榛名吾妻荘(現在は休業中)のすぐ先に、掃部ヶ岳(かもんがたけ)登山口があります。









c0369219_21544080.jpg

いきなり「クマ出没地 注意」の看板。


だいじょうぶ!ちゃんとクマよけの鈴も装着済みですw(ホントに効果あるんだよね?)








c0369219_21583393.jpg

さあ、森の中に入って行きます。









c0369219_21594752.jpg

そして、分岐を掃部ヶ岳の方に進みます。









c0369219_22015522.jpg

割と歩きやすい緑の森ですが、小さな虫が足元をブンブン飛び回っていました。(@_@)









c0369219_22034175.jpg

笹が広がる森の道です。









c0369219_22063504.jpg

登山口から15分くらい。

突き当たった分岐から、硯岩(すずりいわ)の方へ向かいました。









c0369219_22110507.jpg

硯岩に向かった途端に、いきなり急峻な登りが待ち構えていて、ちょっとビックリです。









c0369219_22133908.jpg

急坂を登りながら上を見上げると、朝の光に緑が綺麗でした。









c0369219_22164458.jpg

6:00、朝日差し込む硯岩に到着です。









c0369219_22201391.jpg

目の前には、榛名湖と榛名富士の絶景が広がっていて圧倒されました。









c0369219_22243310.jpg

榛名湖の水面はまるで鏡のようで、右側は氷室山や天目山などの外輪山が囲んでいます。

眼下の建物はスタート地点の榛名吾妻荘ですね。









c0369219_22330029.jpg

硯岩は狭い岩場で、東側は断崖になっていました。

朝早かったので誰も居ませんでしたが、人が多い時だと順番待ちのような事になりそうですね。









c0369219_22392239.jpg

榛名湖と榛名富士の静かな美しい朝に、しばらく見とれてしまいます。









c0369219_22453590.jpg

しばらく時間を忘れて眺めていたら・・・

やがて、ボートがエンジン音を鳴り響かせ、一艘二艘と湖を滑り出しました。









c0369219_22493641.jpg

榛名湖の静謐な朝の時間は終わり、元気に活動し始めたようです。


まだまだずっと見ていたい気がしますが、名残惜しい硯岩を後にしました。









c0369219_07035895.jpg

そして、掃部ヶ岳に向かいます。









c0369219_07071537.jpg

笹はパンダの好物だった気がするけど、クマもそうなんだっけ・・・?









c0369219_07102322.jpg

長~い階段が現れました。









c0369219_07114824.jpg

普通の階段ならまだいいのですが、木が完全に飛び出ています。

これでは延々と障害物がある状況ですね@@;









c0369219_07180057.jpg

いつまで続くのかと思う障害物の階段は、20分くらい続きました。









c0369219_07235251.jpg

曇った天気ですが、時々日が差してきたりすると緑が映えます。









c0369219_07322127.jpg

硯岩から45分くらいで、榛名湖の展望ポイントに出ました。

榛名富士を外巻きに取り囲む、三ッ峰山や相馬山までよく見えます。









c0369219_07432658.jpg

さらに緑と笹の尾根を進んで行くと・・・









c0369219_07525189.jpg

少し開けた広場に出ました。









c0369219_07544264.jpg

7:05、掃部ヶ岳山頂(榛名山最高峰 標高1,449m)に到着です。









c0369219_07583894.jpg

山頂からの眺めは、曇っていた割には遠くまで見る事が出来ました。

南の方向の、遠くに見えるのは秩父の山々でしょうか。









c0369219_14264108.jpg

南西の方向には、遠くに八ヶ岳や日本アルプス等が見えるそうですが、イマイチどれかよく分かりません。









c0369219_14354398.jpg

西の方向にある、ひときわ目立つ山は、先月登った浅間山です。

存在感ありますねぇ~


榛名湖のある東の方向や北の方向は、樹林などに遮られて見えません。




山頂が小さな広場になってるので、チビを下ろして遊ばせてやろうかとも思いましたが、

後ろを見るとスヤスヤとお休みのようです。(´ω`)


起こすのも可哀想なので、そのまま下山する事にしました。









c0369219_14481251.jpg

下山開始して3分で、先ほどの榛名湖展望ポイントに戻ります。

登って来た時と特に何も変わらずですが、もうすっかり朝焼けの雰囲気は無くなっていました。








c0369219_15195954.jpg

さらに5分ほど下ると、湖畔の宿広場(湖畔の宿記念公園)へ行く分岐になります。

「急な下り注意!!」と小さく書かれてありますが、チャレンジしてみましょうw









c0369219_15260149.jpg

上りだと息が切れそうな急坂の下りですが、トレッキングポールを使ってる事もあり、それほど苦ではありませんでした。









c0369219_15293882.jpg

山道を下りながらふと見上げると、緑の葉っぱが幾重にも覆い茂っています。

青空じゃないのがチト残念ですけどねw









c0369219_15341853.jpg

そして、なるほど危険箇所と思われる場所に遭遇。

ここは積雪時期では苦労しそうな場所ですね。









c0369219_15384221.jpg

山頂から35分くらい歩いて、坂も緩やかになってきた頃です。

突然足に力が入らなくなって来ました。



あれっ?

おかしいなあ~こんなに早く足にくるなんて事は無いハズだけど・・・


しかし、無情にも足は力無く震えています。



ここで思い当たるとしたら・・・もしかしたら、これがハンガーノックのような状態なんだろうか?

今朝家で出発前の2時過ぎに、菓子パンを半分食べてきただけで、その後は飲み物くらいしか摂っていません。



そうかぁ~ 菓子パン半分だけで、もう6時間以上経ってるのかあ~(゜o゜;;


慌ててウエストベルトのポケットから羊羹を取り出して食べてみますが、

すぐに効果が出るハズもなく、力無い足はそのままです。









c0369219_16191153.jpg

生き生きとした緑の森の中、とぼとぼと力無く歩き続ける私でした。









c0369219_16281637.jpg

森はなかなか終わりませんが、緩やかなコースになっていたのは幸いです。









c0369219_16341625.jpg

ここには緑色しか無いのかと思うくらいの、緑の森が続きます。









c0369219_16412938.jpg

ようやく湖畔の宿記念公園が見えてきました。









c0369219_16424408.jpg

これはツツジでしょうか?

黄色い花が咲いていたので撮ってみます。


だいぶ余裕が出てきたようですが、実はまだ足は踏ん張りが効かず、写真を撮る時も震えていたりしましたw









c0369219_17424290.jpg

8:15、湖畔の宿記念公園に到着です。









c0369219_18000354.jpg

公園にはメロディーフェンスなる物がありました。









c0369219_18013051.jpg

レバーを押すと音が鳴る仕組みで、左側から順番に鳴らしていくとメロディーになっていました。









c0369219_18032582.jpg

高峰三枝子が歌った名曲「湖畔の宿」は、榛名湖がモデルになったとの事のようです。



さて、食事にしたかったので、公園だからベンチくらいはあるだろうと思っていたのですが、見当たりません。


仕方がないので、先に進みながらゆっくり休める所を探す事にします。









c0369219_18071489.jpg

公園から見える、榛名湖と榛名富士。









c0369219_18135738.jpg

公園から、湖畔の一般車道に出て歩きます。









c0369219_18195678.jpg

湖には貸しボートがいっぱい。









c0369219_18225749.jpg

湖の水は、やさしく穏やかですね。









c0369219_18314369.jpg

来た方向を振り返ると、左から硯岩・鬢櫛(びんぐし)山・烏帽子ヶ岳が、榛名湖を囲んでいます。









c0369219_18365960.jpg

そして、道沿いの色んなお店が並んでいるその後ろには、さっき登って来た掃部ヶ岳が見えていました。









c0369219_19164711.jpg

この湖で、既に標高1,084mもあるんだなあ~









c0369219_19202857.jpg

水の神様を祀ってある、「御沼霞神社」がありました。









c0369219_19310679.jpg

おそば屋さんの窓に映って喜んでいたチビを、すかさずパシャリ。









c0369219_19335129.jpg

さらに車道を進んで行きます。









c0369219_19351628.jpg

なかなか立派な、遊覧船の「はくちょう丸Ⅱ世号」


後ろに見える山は掃部ヶ岳で、右端の岩山が硯岩ですね。









c0369219_19425776.jpg

プリンのような形の榛名富士をバックに、カラフルなボートが並んでいます。









c0369219_19500692.jpg

8:46、ついに休憩に丁度良さそうなベンチを発見!

ここでやっと食事にする事にしました。


ふぁ~ 腹空いたなあ~ (@_@)









c0369219_20011144.jpg

おにぎり3つを分け合って食べた後、野菜ジュースをチビに渡すと、美味しそうに飲んでいます。









c0369219_20073443.jpg

一心不乱に飲んでいます・・・









c0369219_20082156.jpg

まだ飲んでいます・・・(・ω・)

どんだけ喉が渇いていたんだw









c0369219_20102162.jpg

お腹いっぱいになったら湖畔に立ち、何を物思いに耽っているのだろうか?









c0369219_20122818.jpg

かと思いきや、ザックのクマよけ鈴を見つけていじり回しますw









c0369219_20140401.jpg

楽しく元気そうに見える笑顔に、騙されてはいけません。

この後チビは、ザックの中の物を手当たり次第、外にポイポイと放り投げ始めるのです(@_@)



とまあ・・・

お互いにご飯を食べて元気になったし、休憩は終わりです。


湖畔めぐりに出発出発!!









c0369219_20204006.jpg

竹久夢二の歌碑がありました。

「さだめなく鳥やゆくらむ青山の青のさびしさかぎりなければ」









c0369219_20300384.jpg

この榛名富士を見ながら書いた歌なんでしょうか・・・歌碑のすぐ後ろに見える、榛名湖と榛名富士です。









c0369219_20410122.jpg

へえ~ ホタルがいるんだ!!









c0369219_20425538.jpg

確かに水が綺麗ですね~。









c0369219_20454107.jpg

観光案内所がありました。









c0369219_20490583.jpg

観光案内地図がありましたが・・・

コレ、榛名湖以外の地図はいらないんじゃないのー?


肝心な所が小さくて見づらいですw









c0369219_20521296.jpg

立派なトイレの壁を使って、榛名富士をバックにパシャリ。









c0369219_20555041.jpg

まだまだ車道歩きは続きます。









c0369219_20570382.jpg

湖の景色を見ながらの、のんびり歩きなので、案外飽きません。









c0369219_20591393.jpg

湖畔の緑の中に、湖を見て立っている小さなお地蔵様がありました。(分かるでしょうか・・?)









c0369219_21020911.jpg

ツツジが元気に咲いています。









c0369219_18572890.jpg

カヌー国体記念の石碑の側に、緑と赤いツツジの組み合わせがいい感じでした。










c0369219_21110549.jpg

そして、榛名湖の南端に来たようです。









c0369219_19002545.jpg

「明治百年記念園地」

大きなツツジですね~









c0369219_19015116.jpg

なかなかいい対比の、榛名富士と大きなツツジ。










c0369219_21260999.jpg

さらにロープウェイ乗り場の方に向かって行きます。









c0369219_21274189.jpg

おっ!

馬だ!!馬車だ!!楽しそうだなあ~


榛名湖では馬車の観光もしているのですね。









c0369219_21363904.jpg

この道を右に行くとロープウェイ乗り場、左に行くと登山口になります。









c0369219_21393052.jpg

榛名富士がもう目の前。

ロープウェイのケーブルまでハッキリ見えました。









c0369219_21421291.jpg

9:48、榛名富士登山口に到着です。









c0369219_21473237.jpg

すっかり晴天になった、明るい緑の森に入っていきました。









c0369219_22014633.jpg

まるで緑のシャワーが降り注いで来るような、気持ちのいい森の中です。









c0369219_22064904.jpg

掃部ヶ岳で足がフラフラした事もあるので、ちょっと慎重に歩いて行きます。









c0369219_22083790.jpg

光り溢れる緑の森を、のんびりゆっくり登って行こうと思っていたのですが・・・









c0369219_22113276.jpg

数百人は居そうな中学校の遠足?の大行列に、飲み込まれてしまいました。


仕方なく、この元気な若者たちのペースに合わせて登って行くことになります。(◎_◎;)









c0369219_22184473.jpg

光り溢れる緑の森を登って行きますが、私にとっては息を切らせながらのハイペース。

写真を撮るのも至難の業です。









c0369219_22283182.jpg

ペースを固定されてしまうのが辛いので、頑張って中学生の大集団を抜き、ついに山頂駅が見えてきました。








c0369219_22315292.jpg

10:30、榛名富士山頂駅に到着です。









c0369219_22445017.jpg

山頂駅からの眺めはこんな感じで、遠景は霞んであまり見えませんでした。









c0369219_22402198.jpg

ロープウェイに乗って眺めれば、榛名湖の方がよく見えていい感じなのかもしれません。









c0369219_22491284.jpg

山頂駅の向かいには、富士山神社のお賽銭箱と、絵馬が飾られていました。









c0369219_22513014.jpg

その横から、山頂への参道が続いています。









c0369219_22533821.jpg

参道を上っていくと、富士山神社の鳥居が現れました。









c0369219_22562401.jpg

参道の途中から横に入った所に、饒速日大神・保食大神・榛名富士大神・石長姫大神が祀られています。









c0369219_23034894.jpg

由来はこんな感じ。









c0369219_23051692.jpg

さらに階段を上っていきます。









c0369219_23063012.jpg

11:03、榛名富士山頂(標高1,390m)の富士山神社に到着しました。









c0369219_19100777.jpg

山頂には、三角点がある場所に神社が鎮座している他、段差のあるちょっとした広場になっています。









c0369219_19125070.jpg

遠景は、霞んでしまってほとんど見えません。









c0369219_19144145.jpg

空気が澄んでいる時なら、もっと違った風景だったのかも知れないですね。









c0369219_19165226.jpg

展望に関しては、ちょっと期待外れな感じです。









c0369219_19183404.jpg

きっと御利益があるのでしょう。

神社の横には、たくさんの縁結びの絵馬が飾られていました。









c0369219_19233800.jpg

チビを下ろすと、辺りの風景には目もくれず、地面の石を拾って砂遊びに耽りますw









c0369219_19263281.jpg

ようやく絵馬にも興味が出てきた様子。









c0369219_19281115.jpg

キミがもっと大きくなったら、絵馬を飾ってみてもいいかもね^^









c0369219_19324081.jpg

チビと遊んで20分くらい経ったので、そろそろ下山する事としますか。









c0369219_19383953.jpg

下りは、「ゆうすげ元湯」の方に下りて行きました。









c0369219_19410082.jpg

笹の森に突入して行きます。









c0369219_19441184.jpg

見上げると、キラキラ光る緑のシャワーが降り注いでくるようでした。









c0369219_19461753.jpg

森林浴とは、正にこの事だなあ~









c0369219_19495342.jpg

燦々と降り注ぐ、さわやかな初夏の日差しの中、緑のシャワーを浴びながら下山して行きます。









c0369219_19533488.jpg

登山道というより、森の中を歩いているような場所もありました。









c0369219_19562538.jpg

生き生きとした、色んな緑の葉っぱがたくさんありましたが、何の葉っぱなのかはよく分からずです。









c0369219_20003834.jpg

景色は全く見えない下山の道でしたが、生い茂る緑の木々で癒やされます。









c0369219_20060093.jpg

天気予報では、雨が降るかもしれないような曇りの予報だったので、この晴天は嬉しい誤算。









c0369219_20103481.jpg

こんなにも森林浴を肌で感じ、感動するのは初めての事でした。









c0369219_20160507.jpg

11:43、ゆうすげ元湯の榛名富士登山口まで下りてきました。









c0369219_20181857.jpg

一般の車道に出ます。









c0369219_20193229.jpg

登山口の横には、ゆうすげ元湯温泉がありました。









c0369219_20360857.jpg

そしてすぐ近くには、烏帽子岳への登山口があります。



実は、もし余裕があれば、この烏帽子岳にも登ってみるつもりだったのですが・・・


思っていたより時間が掛かっている事と、今は何とも無いけど掃部ヶ岳の下りで起こった足の不安もあります。

さらには、今更ながらヘッドライトを忘れて来た事を思い出した時点で、烏帽子岳は断念する事にしました。




烏帽子岳への往復は、標準タイムで80分なので、多少時間がかかったとしても恐らく大丈夫だとは思うのですが、

子供を背負っての山行で、不安材料がこれだけ出てくると無理は禁物です。









c0369219_20492927.jpg

赤い鳥居の前で、しばらく迷っていましたが、ここできびすを返しました。









c0369219_20540442.jpg

ゆうすげ元湯は榛名湖の北岸に当たり、ここから湖畔の一般道を歩いて戻ります。









c0369219_20595975.jpg

対岸のオレンジの屋根のある建物の辺りが、スタート地点の駐車場になります。









c0369219_21033787.jpg

道中の湖畔では、のんびり釣りやレジャーを楽しむ人が沢山いました。









c0369219_21111725.jpg

割と規制が緩やかなのか、路肩に車を駐めて釣りを楽しんだりしている人が多いようですね。

リゾート地なんだなあ~って感じがします。









c0369219_21060421.jpg

さわやかな初夏の日差しが心地よく、のんびりとした湖畔歩きです。









c0369219_21073326.jpg

道ばたに咲いていたタンポポを撮ったりして、道草をしながらテクテクテクテク。









c0369219_21193245.jpg

そして12:30、気がつくとスタート地点の駐車場に到着していました。

おつかれさまでした~













c0369219_21273153.jpg

山行が終わった後は、ゆうすげの温泉に入りました。(後ろに見えるのは烏帽子岳)

源泉掛け流しという事ですが、あまり大規模なお風呂ではないので、日帰りで大人400円とお得です。



チビとワイワイお風呂に入った後は、一緒に写真を撮ったお店でおそばを食べて、

渋滞になる前にさっさと家路につき、ゆとりをもって夕方前に帰宅する事が出来ました。




いやあ~大登山では無いですが、思っていたより盛り沢山の感動がありましたね~


なかなか楽しい山行となりました。^^










c0369219_08172073.jpg

【GPSデータより】
合計時間:6時間55分(休憩約1時間20分を含む)
合計距離:7.87km
標高:最低点1081m 最高点1449m
累積標高:上り614m 下り634m









撮影機材:Canon EOS 5D MarkⅡ +SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art

Commented by まや at 2015-06-02 09:35 x
これがハンガーノックのような状態なんだろうか
にビックリです 
素敵な森林浴ですね 見てるだけで癒される
昔 会社の旅行で榛名山前で写真撮ったことある 
思い出すね^^
Commented by zbjsower at 2015-06-03 12:15
まやさん いつもありがとうです。
森林浴良かったですよ~^^
榛名山行った事あるんですね。なかなかいい観光スポットだとも思いました。
by zbjsower | 2015-05-28 22:15 | 子連れ登山 | Comments(2)

Where will we go today


by Hide
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30