GWは筑波山に

c0369219_20460922.jpg

2015年5月2日の山行記録です。

GWの真っ只中、せっかくの休みだったので、チビと2人で筑波山に行ってきました。


筑波山は、ウチからは比較的アクセスのしやすい山で、丁度一年ぶりくらいになります。

先週は、浅間山のハードな山行に行ってきたばかりだし、ちょっと軽めに山を歩いて見たかったのでここにしました。


手頃な割に、山頂からの眺めが印象的なので、忘れた頃にまたあの岩の上に立ちたくなる、不思議な山です。













GWという事で、普通に行くと大混雑になるのは目に見えています。

渋滞を避けて早朝に出発。


登山開始は、ほぼ夜明けの4:47でした。

c0369219_20563025.jpg

筑波山神社の鳥居から、筑波山が覗いています。

今回は、まず筑波山神社から、白雲橋コースで女体山を目指しました。









c0369219_21050966.jpg

筑波山には、奇岩や怪石などの伝説が数多く点在しています。

ここで白蛇を見ると、財をなすとの事。









c0369219_21110565.jpg

朝日が差し込んでくるようになりました。









c0369219_21125723.jpg

弁慶七戻り

頭の上の岩が今にも落ちそうなので、弁慶も七戻りしたという事だそうです。









c0369219_21151021.jpg

高天原

天照大神を祀る、稲荷神社が岩の上にあります。









c0369219_21183424.jpg

母の胎内くぐり

中を潜れるようになっていて、潜る事で生まれた姿に立ち返るそうです。









c0369219_21213424.jpg

陰陽石

相反する二つの巨石が、寄り添うようにそびえ立つとありますが、どこが相反するのかよく分からないですねw









c0369219_21240770.jpg

国割り石

集まった神々が、この石に線を引いて割り振ったそうです。









c0369219_21255176.jpg

出船入船

出て行く船と入っていく船が、並んでいるように見える岩です。









c0369219_21273323.jpg

裏面大黒

大黒様が、大きな袋を背負っている後ろ姿、という事ですが・・・そう言われるとそうなのかなあ~









c0369219_21311024.jpg

北斗岩

北斗星のように、空に向かってそびえ立って決して動かないとの事。










c0369219_21330237.jpg

屏風岩

その名の通り、屏風に見えるという事ですねw









c0369219_21341162.jpg

大仏岩

大仏のように見えるこの岩は、15mもあるそうです。









c0369219_21360344.jpg

なんだかんだ、奇岩や怪石を見ながら登って行くうちに、女体山頂の神社に着きました。









c0369219_21375321.jpg

6:58、筑波山頂(女体山頂)に到着です。

実はこの筑波山は、一番標高の低い日本百名山です。(標高877m)









c0369219_21414606.jpg

女体山頂は、標高が低くても百名山にふさわしい光景。

ちょっと怖いけど、この岩の上に立って、ど~んと開けた展望を見ることが出来るのがたまりません。









c0369219_23224895.jpg

早朝なので誰もいませんが、混雑期になると岩の上は人がいっぱいですね。









c0369219_23272380.jpg

北側だけ神社があって視界が遮られていますが、あとはぐるりと見渡せるようになっています。









c0369219_23355936.jpg

この季節だと、どうしても遠景が霞んでしまって、太平洋や富士山や日本アルプスなどが見えないのが残念。









c0369219_23341250.jpg

東側。遠くに見えるのは太平洋です。









c0369219_23351538.jpg

南側はつつじが丘があり、女体山まで来ているロープウェイが見えます。









c0369219_23415946.jpg

条件がよければ、富士山や日本アルプスが見える西側。


ふもとには、小さな赤い鳥居が見えますが、筑波山神社のものです。

あそこから登って来たんですねぇ~。









c0369219_23454778.jpg

北西側には、この後、向かう事になる男体山が見えます。

途中にある広場は、ケーブルカーの駅がある御幸ヶ原ですね。










c0369219_23511148.jpg

だれもいない山頂の岩で、チビと2人でゆっくり景色を堪能出来ました。(記念にセルフタイマーでパシャリ)









c0369219_23540208.jpg

さらに男体山に向かいますが、まだ怪石があります。



セキレイ石

この石の上にセキレイ(鳥)が止まり、男女の道を教えたという石だそうですが・・・

どんな教えかが気になるところですw









c0369219_23584835.jpg

御幸ヶ原に着きました。

まだ店も閉まっていて、ほとんど人もいませんね。









c0369219_00001651.jpg

男体山を登ります。新緑がきれい~









c0369219_00021217.jpg

そして、7:40、男体山頂に到着。

女体山よりちょっと低い、標高871mです。









c0369219_00034649.jpg

ここは木々に遮られて、展望はあまりよくありません。

女体山からこちらに来ると、その眺望にがっかりするので、先に男体山から登るルートの方がいいかもしれませんね。









c0369219_00071735.jpg

御幸ヶ原に戻る途中で、立身石を発見。

間宮林蔵が、この石の上で立身出世を祈願したと言われているそうです。









c0369219_00094435.jpg

そして、御幸ヶ原に戻って、朝食休憩としました。

さすがGW。時間とともに、だんだん家族連れなどの人が増えてきましたね。










c0369219_00114774.jpg

下りは、御幸ヶ原コースで。


中間地点辺りで、ケーブルカー線路の真横に出るポイントがあります。

ケーブルカーが通るのを待つのもダルかったので、そのまま通過しました。









c0369219_00144425.jpg

御幸ヶ原コースのゴールは、大きな鐘が立派な、筑波山神社です。










c0369219_00180791.jpg

朝はだれに居なかった神社も、だんだん観光の人が多くなって来て賑やかになっていました。

そして、スタート地点の駐車場に戻ったのは、9:30でした。









c0369219_00223488.jpg

今日の登山は、これで終了です。



筑波山は、観光地のように見えて、楽そうに思うかもしれませんが、案外登り応えのある山だと思います。


天気のいい時は、女体山頂からの展望も素晴らしいので、

ちょっと山で気持ちよく汗を流してこよう!というのにピッタリな所かもしれませんね。










c0369219_00260960.jpg


【GPSデーターより】
合計時間:4時間42分(休憩含む)
合計距離:5.64km
標高:最低点235m 最高点877m
累積標高:上り674m 下り702m









撮影機材:Canon EOS 5D MarkⅡ +SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art

by zbjsower | 2015-05-03 00:29 | 茨城県の山 | Comments(0)

マイペースな家族登山などの山行記録 &子供たちと お出かけや日常の出来事など


by Hide