浅間山 車坂峠からの周回コースにチャレンジ

c0369219_12282768.jpg

2015年4月26日の山行記録です。

GW前のこの季節でも残雪のある場所、かつ初級者が単独で行けるを探していて、浅間山に行ってみることにしました。



初めは、初級の雪山として、浅間山の外輪山である「黒斑山」が候補として出てきたのですが、

思ったよりも今年は暖かく、この調子ならほとんど雪も残ってないんじゃないかと・・・



それならば、いっそ浅間山まで足を延ばしてみてもいいんじゃないかな~

という安易な考えから、この度のチャレンジとなったのです。









c0369219_15551933.jpg

浅間山は、圧倒される素晴らしい景色をいくつも見せてくれましたが、想像以上に、なが~い山行でもありました。















c0369219_15585171.jpg

高峰高原ホテルのすぐ近くにある、高峰高原ビジターセンターの無料駐車場からの出発となります。









c0369219_16025909.jpg

出発は、夜明けと同時で、朝4:51でした。









c0369219_16062936.jpg

高峰高原ホテルの前が、登山口である車坂峠です。(ここで既に、標高1,973m)









c0369219_16262414.jpg

「ただいまの噴火警戒レベルは1です。前掛山までは登山ができます。」という案内板があります。


そうなんです。浅間山は世界でも有数の活火山で、一番警戒レベルの低いレベル1の時でも、実は山頂まで登ることは出来ません。

なので、第二外輪山の前掛山が、実質的に浅間山頂という事になりますね。









c0369219_16393834.jpg

案内図で今回のコースを見ると(オレンジの点線が登山道)、現在地である車坂峠からのスタートで、

車坂下→トーミの頭→黒斑山→蛇骨岳→仙人岳→Jバンド→賽の河原→前掛山→湯の平→草すべり→トーミの頭→車坂下

という順に、ぐる~っと周回するコースとなります。









c0369219_17155653.jpg

黒斑山登山コースは、表コースを選びました。

(実はここでトレッキングポールを車に忘れた事に気がついて、取りに戻りましたw)









c0369219_17182600.jpg

思っていたより残雪がありますが、丁度いい具合に凍っているので歩きにくくはありません。









c0369219_17253081.jpg

15分くらい歩くと、右手の方に、奥秩父になるのでしょうか、朝焼けに浮かぶ山々が見えてきました。









c0369219_17582976.jpg

さらに数分で、もう少し展望が開けた場所に。

方角的には右の方に富士山が見えるはずですが、判別出来ませんね。









c0369219_18034479.jpg

だらだらとした雪の急坂が続きます。









c0369219_18344828.jpg

さらに進むと、見晴らしのいいガレ場があり、振り返ると遙か先には、北アルプスを見ることが出来ました。

中央に見える建物は、出発地点の高峰高原ホテルです。









c0369219_18451885.jpg

その左側の景色と、









c0369219_18470622.jpg

右側の景色です。









c0369219_18525610.jpg

さらに一面雪の中を進んで行きます。









c0369219_18564404.jpg

だいぶ高くなってきて、ホテルがかなり小さくなって見えます。

北アルプスの存在感がスゴいですね。









c0369219_18595745.jpg

木々の合間から、ついに朝日が覗いてきました。









c0369219_19024345.jpg

6:20、気持ちのいい眺めの朝です。









c0369219_19054041.jpg

そしてついに、浅間山が見えてきました。









c0369219_19065757.jpg

ドラム缶に見えるけど、地図によると避難小屋。

小屋というか、噴火時の為のシェルターですね。









c0369219_19120801.jpg

槍ヶ鞘に出ました。

浅間山がど~ん!!と、そして左手には、トーミの頭と、その岩のてっぺんに立っている人が見えました。









c0369219_19203403.jpg

この急坂を登り、トーミの頭に向かいます。

まだ岩の上に人が立っていますねw









c0369219_19291004.jpg

トーミの頭に立ちました。

目の前に見える、連なる外輪山の牙山と剣ヶ峰、その遙か遠くに、富士山が頭を覗かせています。









c0369219_19351056.jpg

その右を見ると、八ヶ岳連峰があり、手前は、先程まで居た槍ヶ鞘です。









c0369219_19402740.jpg

さらに右を見ると、遠くに北アルプスが広がっています。









c0369219_19441783.jpg

さらにぐるっとカメラを右に回すと、これから登って行く黒斑山が見えました。









c0369219_19465989.jpg

その奥には、ず~っと外輪山が連なっていて、









c0369219_19482277.jpg

この、いくつものピークを越えた、一番遠くがJバンドです。









c0369219_19505162.jpg

そして、Jバンドからふもとの中に下りて、またさらに、この正面にある浅間山を登って前掛山へ。









c0369219_19560851.jpg

その後は、下を覗くと断崖にしか見えない、この足元のコースで、トーミの頭まで戻ってくるのです。


本当に歩けるんだろうか・・・?

途方も無い距離だと思いました。










c0369219_20132196.jpg

気を取り直して、黒斑山に向かって進み歩き、トーミの頭を振り返ります。

また、岩の上に人が立ってるようですねw









c0369219_20164580.jpg

しばらく行くと、常に浅間山の様子を動画で撮っている、黒斑山のライブカメラがありました。









c0369219_20215553.jpg

せっかくなので、カメラの場所から浅間山を撮ってみました。










c0369219_20293752.jpg

そして、カメラの位置から程なくして、7:10、黒斑山頂に到着です。









c0369219_20331261.jpg

標高2,404m、結構高い。









c0369219_20364096.jpg

歩いてきた方向。トーミの頭がだいぶ小さくなりました。

富士山は、遙か遠くでも存在感がありますね。









c0369219_20402595.jpg

まだまだ先が長い、これから歩いて行く外輪山の山々です。









c0369219_20450018.jpg

噴火警戒レベルが2の時は、この黒斑山までしか立ち入る事が出来ません。










c0369219_20485673.jpg

さらに、どんどん先に進みます。

黒斑山を振り返ると、遠くから富士山が覗いていました。










c0369219_20540860.jpg

登山道は、雪がしっかり積もっていると、木々が煩わしくして歩きにくい。









c0369219_20554109.jpg

陽の当たる所は歩きやすかったです。









c0369219_20580770.jpg

樹林の間から頻繁に見える、雄大な浅間山。









c0369219_21045297.jpg

見晴らしのいい景色を眺めながらの山行となるので、









c0369219_21065299.jpg

なかなか爽快で気持ちが良かったです。









c0369219_21083100.jpg

まだまだ歩きます。









c0369219_21103929.jpg

だいぶ距離を歩いたように思います。









c0369219_21164348.jpg

雪の樹林を抜けていくと、









c0369219_21211642.jpg

ゴツゴツした岩ばかりの山になってきました。









c0369219_21244051.jpg

8:02、蛇骨岳に到着です。









c0369219_21353432.jpg

蛇骨岳からは、北の方角の山々がよく見えました。









c0369219_21373502.jpg

少し春霞で、あまり遠方までは見えないのが残念。


ここでお腹がすいたので、おにぎりとミニドーナツを食べて休憩です。









c0369219_21433778.jpg

15分くらい休憩した後、先に進み、蛇骨岳を振り返ったところ。









c0369219_21491099.jpg

さらに進んで振り返ったところです。









c0369219_21513291.jpg

先に草木が無いのは、これぞ火山地帯という事でしょうか。









c0369219_21541086.jpg

黒斑山やトーミの頭が、随分小さくなりました。

そして、富士山が左に移動して、正面には八ヶ岳が見えるようになってますね。









c0369219_22005689.jpg

8:38、仙人岳に到着です。









c0369219_22033323.jpg

蛇骨岳への稜線。









c0369219_22054866.jpg

浅間山が、かなり大きく見えるようになっています。









c0369219_22082206.jpg

北アルプスや、四阿山かな?この先も展望が抜群でした。









c0369219_22131352.jpg

どれが何の山なのかあまりよく知りませんが、さらに北の方の景色も美しい。









c0369219_22162588.jpg

ふいに道が無くなって、雪のトレースを辿って行くと、雪の斜面をトラバースする事に。


ぎゃ~っ アイゼン履いていればそんなに怖くないかもだけど、履いてないです!!

足を滑らせれば、ず~っと下まで転がり落ちて一巻の終わりかな@@;









c0369219_22214846.jpg

怖かった~w


この雪の斜面を渡って来たのですが、渡っているときは、もっとすごい斜面のような気がしましたw









c0369219_22254974.jpg

そして、いつの間にか浅間山に大接近。









c0369219_22494751.jpg

ついにJバンドが見えてきました。この上が鋸岳のようです。









c0369219_22513401.jpg

9:17、Jバンドに到着。そのまま急下りを下りて行きました。









c0369219_22554726.jpg

少し下ってから上を見上げたところ。

なかなか険しい急降下です。









c0369219_22595804.jpg

まるで、行く手を遮るかのようなJバンドの岩並ですね。









c0369219_23023101.jpg

浅間山のふもと、賽の河原が広がってきました。









c0369219_23073647.jpg

結局15分くらいで、Jバンドを下りました。









c0369219_23093752.jpg

賽の河原に降り立ちます。









c0369219_23110854.jpg

何故か異様な静けさで、浅間山が存在感を押し出していました。









c0369219_23143803.jpg

見上げるJバンドから仙人岳への稜線。









c0369219_23174819.jpg

そして、蛇骨岳への稜線。









c0369219_23190960.jpg

さらに、黒斑山やトーミの頭まで続く稜線を見上げます。


よく歩いてきたなぁ~と思いつつも、まだまだ全体行程の半分くらいしか歩いていません。









c0369219_23275680.jpg

妙にシ~ンとした、賽の河原をとぼとぼ歩きます。









c0369219_23244485.jpg

浅間山を見ていると・・・この畏怖感は、世界有数の活火山なんだという事を再認識させられました。









c0369219_23313052.jpg

そして、15分ほど歩いたでしょうか・・・

雪に入りましたが、途中でトレースが無くなって迷子になってしまいました。









c0369219_23363257.jpg

さっぱり場所が分からなくなって、スマホのGPSで確認しながら、ウロウロと探し回っていたら、トレース発見。









c0369219_23402415.jpg

やっとこれから浅間山を登って行く事になります。









c0369219_00552640.jpg

丁度この登り口辺りが、外輪山の内側の中心くらいでしょうか。左からカメラを流してみます。









c0369219_00572490.jpg

内側中心下から見上げる外輪山の山々の光景。









c0369219_00591670.jpg

歩いてきた稜線がよく分かります。









c0369219_01015162.jpg

さっき下りてきたJバンドが、遙か右端の彼方に見えました。









c0369219_01082993.jpg

浅間山の登りは、思っていたより長かったです。









c0369219_01101836.jpg

下りてくる人が、あんなに遠くに見えますね。


もう下山してるのかあ~ 早いなあ~@@ 今までに1人しか抜かれなかったのに、みんな何時から登ってるんだろう?

と、その時は思いましたが、よく考えたら、ほとんどの人は別のルートで来ていたようです。









c0369219_01144047.jpg

10:50、立ち入り禁止告示板まで来ました。









c0369219_07201853.jpg

前掛山頂まで、あと1km。









c0369219_07291773.jpg

浅間山の火口からは、噴煙が上がっています。









c0369219_07310794.jpg

そして、右手を見ると、ず~っと伸びた第二外輪の先に、前掛山のピークが見えます。


わ~っ 何これ!? ここ歩くのかぁ~すごい気持ちよさそう~!!



ここで疲れた身体にエネルギー補給、おにぎりとミニドーナツを食べて小休憩しました。










c0369219_07501849.jpg

休憩後に、前掛山に向けて出発してまもなく、避難シェルターが2棟ありました。









c0369219_07525923.jpg

中はこんな感じ。

たぶん何十人かは避難できそうですね。









c0369219_07560697.jpg

前掛山への稜線歩きは、すごく気持ちがいいです。










c0369219_18191736.jpg

右を見ると、外輪山と北アルプスの山々が広がっていました。









c0369219_18223844.jpg

左には、巨大な浅間山の火口が圧倒しています。









c0369219_18270775.jpg

そして11:20、ようやく浅間山頂(前掛山頂2,524m)に到着しました。


ここが、長かった浅間山登山の、最終目的地なので、本当に感無量です。









c0369219_18363475.jpg

浅間山の火口の一番高い場所が、2,568mとの事です。









c0369219_18444734.jpg

前掛山頂の先は、立ち入り禁止。









c0369219_18473816.jpg

その先は、第二外輪山の先端になっています。









c0369219_18504308.jpg

カメラを右に回すと、下には外輪山の剣ヶ峰と牙山が見えます。(随分下に見えますが、それでも標高2,281mの山です)

遠くには八ヶ岳や南アルプスがうっすらと。


残念ながら、富士山は霞んでしまって見えなくなっていますね。









c0369219_18593444.jpg

さらに回すと、黒斑山などの外輪山と、北アルプスの山々。










c0369219_19023683.jpg

そして北の方は、歩いて来た第二外輪山の稜線と、上信越などの山並みが見渡せました。









c0369219_19120378.jpg

さて、名残惜しいけど、景色を堪能しつつ、下山開始です。









c0369219_19154012.jpg

もう一度、今日歩いて来たコースを見下ろします。

槍ヶ鞘、トーミの頭、黒斑山、









c0369219_19181357.jpg

蛇骨岳、仙人岳、Jバンド、賽の河原、そしてこの場所の前掛山。


我ながらよく歩いたものですね。










c0369219_19270922.jpg

立ち入り禁止告示板まで戻りました。

ここから浅間山を斜めに降下する、長~い下り坂です。









c0369219_19323530.jpg

斜面をどんどん下っていきます。









c0369219_19423937.jpg

賽の河原に戻ってきました。









c0369219_19440365.jpg

そして、賽の河原分岐の案内板を発見。









c0369219_19463798.jpg

Jバンドへの分岐になっているのですが、Jバンド方向へは全くトレースがありませんでした。

これじゃあ、来る時に分からなかった訳ですw









c0369219_19493776.jpg

湯の平高原に入ります。









c0369219_19531208.jpg

雪の中に、光を受けた緑が映えて綺麗でした。









c0369219_20163155.jpg

樹林の中を続く雪道。









c0369219_20195799.jpg

また別の季節に歩くのも、気持ち良さそうな高原ですね。









c0369219_20224304.jpg

樹林を抜けると、湯の平口の分岐に到着しました。









c0369219_20265705.jpg

ここから草すべりの道へ進みます。









c0369219_20285646.jpg

目指すのは、そびえ立つ外輪山の左の、ひときわ高い大きな岩、トーミの頭です。









c0369219_20343729.jpg

笹が出てくるようになりました。









c0369219_20364287.jpg

ここから笹原の登りが始まります。









c0369219_20393867.jpg

振り返ると、浅間山がいい感じ。

山頂の一番高く見える角が、登ってきた前掛山ですね。









c0369219_20422020.jpg

さすが草すべり、かなり急坂になってきました。









c0369219_20454879.jpg

慌てずゆっくり登りますが、結構キツイ坂です。









c0369219_20475681.jpg

きつい斜面を登りながら、外輪山の山々を眺めます。









c0369219_20502656.jpg

積雪のある場所は、通常のルートで行けない事もあり、怖いトレースを辿っていくしかありません。









c0369219_20543378.jpg

ノーアイゼンだし、万一足を滑らせたらと思うと、本当に冷や汗が出ます;;









c0369219_20593105.jpg

写真ではちょっと分かりにくいですが、この場面を見て、カメラをザックに仕舞い込みました。


実は、ここからトーミの頭までのルートでは、首にカメラを掛けて登れる余裕すら無い、危険で怖い場所があったのです;;









c0369219_21075187.jpg

そして14:07、ようやく草すべり分岐まで登り切りました。


いやぁ~ 草すべりは積雪期はヤバイのかなあ~@@;

今回のように、所どころ残雪があるケースでは、アイゼンを履く事もままならず、かえって怖いような気がします。









c0369219_21144472.jpg

さて、目の前のトーミの頭に向かいます。









c0369219_21174388.jpg

そして、トーミの頭に立ち、浅間山を仰ぎました。









c0369219_21220219.jpg

さらに黒斑山と、









c0369219_21243665.jpg

名残惜しい、外輪山の山々が続いています。









c0369219_21273062.jpg

これは、これから向かう、槍ヶ鞘です。









c0369219_21293392.jpg

下を覗くと、登ってきた草すべりのルートが見えました。









c0369219_21311157.jpg

草すべりルートの最終場面。

左上手前の雪がある急斜面がありますが、そこを真っ直ぐ上に登らないといけないのがキツかったです。



どうしようもない程の急斜面なので、草をつかみながらよじ登るしかなかったという・・・

長い距離を歩き疲れた身体に、最後の難関。


今思い返しても、肝が冷える草すべりでしたね;;










c0369219_21395727.jpg

下山を進めます。

槍ヶ鞘から、浅間山とトーミの頭に最後の別れを告げました。









c0369219_21471814.jpg

帰りは、楽な中コースで下りようと思っていたのですが、分岐を見逃し、登りと同じ表コース。









c0369219_21493526.jpg

登りの時と違って、雪がシャーベット状に溶けてきていて、すごく歩きにくい道でした。









c0369219_21514269.jpg

高峰高原ホテルが見えてきましたが、もう遠方の北アルプスは、霞んで見えなくなっていますね。









c0369219_21593180.jpg

この真下に見える、車坂山を越えるとゴールです。









c0369219_22012590.jpg

雪がズルズルで、斜面は足が滑ってスキーのようになってしまいます。

歩きにくい;;









c0369219_22033666.jpg

車坂山の最後の登り。

ハァハァ・・・もう余分な体力が無くなって来ていますね;









c0369219_22054000.jpg

高峰高原ホテルの屋根が見えます。

もうすぐだ!









c0369219_22072602.jpg

ふぁ~w

やっと車坂峠の登山口に到着です。









c0369219_22090519.jpg

今日も無事に登山が出来て、ありがとう~ m(_ _)m









c0369219_22114219.jpg

そして15:41、スタート地点の駐車場にゴールしました。



ヘトヘトです;; 本当に疲れたぁ~w

今まで経験した登山の中では、一番長く感じた登山だったかも知れません。










c0369219_22312952.jpg

【GPSデータより】
合計時間:10時間49分(休憩含む)
合計距離:13.49km
標高:最低点1964m 最高点2524m
累積標高:上り1104m 下り1075m










撮影機材:Canon EOS 5D MarkⅡ +SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art

Commented by 文章 at 2015-04-30 23:26 x
すごくたくさんの写真で感動が伝わってくるんだけど、山だけだと見る方はしんどいっちゃあしんどいので、自撮とかもあるといいんだけどな。
Commented by zbjsower at 2015-05-01 00:37
コメントありがとう~
今回はあまりにも写真撮り過ぎて、後で編集するのも大変でした;(実はちょっと反省していますw)
単独行だとどうしても風景だけになっちゃう事が多くて・・・自撮りに関しては、一眼レフなのでかなり難しいかなあ~
でも、次回から色々工夫してみます。

by zbjsower | 2015-04-30 22:40 | 登山・山 | Comments(2)

マイペースな家族登山などの山行記録 &子供たちと お出かけや日常の出来事など


by Hide
カレンダー