Powder Snow 車山


c0369219_23084078.jpg

雪山登山の、第二回目の山行記録になります。

2015年1月20日、家族で霧ヶ峰の車山に行ってきました。


冬の車山は、一面が雪で、真っ白な大きな丘。

今回は、そのパウダースノーに戯れながら、のんびりとした雪山を満喫する事が出来ました。












霧ヶ峰は、スキー場が沢山ある場所で、ビーナスラインという観光道路を使って、かなり高い標高まで行く事が出来ます。


車山山頂に一番近いパーキング、「車山肩」に車を駐めて行く事にしました。(無料です)

c0369219_23273718.jpg

ここは車5台くらいしか駐められない小さな駐車場なので、9:10くらいに到着した時点で、私たちが3台目。


その後すぐに4台目の車が来たので、平日と言えども油断ならない場所なのかもですw










ここで既に、標高は1800m。


ビーナスラインは、完全に別世界でした。

c0369219_23241735.jpg

これは、車山肩の車道から撮ったものです。(上下とも実際には登り終わった後の撮影)

路肩には、高さ150cmくらいの雪の壁が延々と続いていました。









c0369219_23254622.jpg

そして、左上の方に丸いドームのようなものが見えますが、そこが車山山頂です。









c0369219_23304207.jpg

私たちは、そこを目指して登ることになります。









c0369219_23330908.jpg

今回も、例のごとく、私がチビを背負っての山行。









c0369219_23370861.jpg

車山肩を出発したのは、9:30でした。









c0369219_23351662.jpg

パウダースノーの上を、アイゼンを履いて歩いて行きます。









c0369219_23403344.jpg

しばらく行って、後ろを振り返った風景はこんな感じ。右の建物がある場所が車山肩です。









c0369219_23575338.jpg

とにかく雪のだだっ広い丘を、その頂上を目指して歩いて行く感じなのですが、登山道などまるで分かりません。

全く分からないので、とにかく、先に歩いた人のトレースを辿って行くしかありません。









c0369219_00024823.jpg

そして、スノーシューを持っていない私たちは、ズボズボと雪の中に足が埋まります。

時には腰辺りまで雪に埋まってしまう事もw



つぼ足で歩くと言っても、踏み抜くとほとんど膝上まで埋まるので大変でした。









c0369219_00062552.jpg

先ほど駐車場でお会いした方達が、スノーシューで後からやって来たので、先に行ってもらいました。

私たちは、亀のごとくの行進ですねw









c0369219_00142068.jpg

雪に埋まりながらも、道中で霧氷を見つけたので、写真に収めます。









c0369219_00182894.jpg

途中で、急斜面をトラバースするような場面があって、恐る恐る渡る妻。

どうやらトレースは、正規の登山道では無いようですね。









c0369219_01325594.jpg

振り返ると、だんだん遠方の山々が見えるようになってきました。









c0369219_01354945.jpg

そして、雪の丘の上に見えてきたのは、山頂の「気象レーダードーム」です。









c0369219_01372542.jpg

こうして見ると、なんだか月面にでも居るみたいな雰囲気ですね。









c0369219_01392539.jpg

とにかく、あの丸いドームを目指して登って行きます。









c0369219_01404924.jpg

そして11:13、車山山頂に到着です。









c0369219_01432402.jpg

無雪期の標準タイムが45分ですが、今回1時間43分もかかってしまいました。









c0369219_01485697.jpg

ゆっくり写真撮りながらという事もありますが、結構かかりましたねw









c0369219_01501287.jpg

山頂は、気象レーダードームが存在感あります。









c0369219_01513219.jpg

そして、雪に埋もれた車山神社。









c0369219_01541679.jpg

あと、こんな霧氷の木が1本だけありました。









c0369219_01564822.jpg

車山神社の向こう側に行ってみると、ちょっと下にリフトが来ていました。









c0369219_01585580.jpg

何のことは無い、これであっという間に山頂近くまで上ってこれる山なのねwって拍子抜けしましたが・・・









c0369219_02012361.jpg

こんなにお手軽に登れる山で、これだけの景色を味わえるのは、逆にスゴいかもw









c0369219_01451825.jpg

あいにく少し雲がかかっていたりで、すべてクッキリとはいきませんが、感動的な大パノラマです。


そして、山頂で風に吹かれて、凍えながらもお昼を食べて、のんびりゆっくり1時間15分過ごしました。










c0369219_07160887.jpg

12:30ころ下山開始です。









c0369219_07194353.jpg

下を見ると、既にゴール地点の車山肩が見えます。









c0369219_07272340.jpg

下りは、ちゃんと正規の登山道らしいトレースを辿って下りました。









c0369219_07302151.jpg

パウダースノーで戯れる妻。









c0369219_07331568.jpg

山頂とは打って変わって、斜面は全く風が無くぽかぽか陽気。

のんびり日向ぼっこが出来そう~。









c0369219_07373882.jpg

名残惜しくも、13:50に車山肩に到着です。









c0369219_07423690.jpg

駐車場では、出発時にお会いしたスノーシューの方が居て、しばらく楽しく歓談しました。



今回の雪山は、ルート的には短いコースでしたが、たっぷり4時間20分、パウダースノーを満喫できました。



車山は、リフトで簡単に山頂に登れてしまうため、登ったぞ~という達成感はあまり無いかもしれません。

しかし、まるで別世界のような雪の高原を、気軽に堪能出来る場所でした。


私たちのような雪山初心者が、体験に来るには打って付けの場所かもしれませんね。


また機会があれば、違う季節にも訪れてみたいな~と思いました。











撮影機材:Canon EOS 5D MarkⅡ +SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art


by zbjsower | 2015-04-23 07:59 | 子連れ登山 | Comments(0)

マイペースな家族登山などの山行記録 &子供たちと お出かけや日常の出来事など


by Hide
カレンダー